着床前診断

受精卵の段階で染色体や遺伝子を解析し、受精卵が子宮に着床して妊娠する前に、染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる医療技術です。妊娠率を高めたり、流産を予防したりすることも可能です。

男女産み分け

着床前診断の技術を使うと、妊娠する前に性別を知ることができます。希望する性別の受精卵を移植することで男女産み分けが可能です。

私たちの企業理念はシンプルです。「世界基準の検査」をお届けします

私たちは、世界初の染色体の着床前診断を実施し豊富な実績を持つReprogenetics研究所(CooperGenomics社)など海外の専門検査機関と協力し、日本の皆様に不妊・妊娠・出産に関わる様々な検査を提供しています。

自分のからだのこと、赤ちゃんのからだのことを正確に知る権利は、国でも企業でも専門家でもなく、私たち自身がそれぞれ持っているものだと考えております。

日本の医療技術は、世界でもトップレベルを誇っています。すぐれた治療や医薬品、検査体制も整っています。それにも関わらず、日本国内では、私たちが受けることができない治療や検査が存在することも事実です。世界一の不妊治療大国であり少子化が進む日本。その中で私たちは、小さな命のことを考えているあなたを支えたいと思っています。

そして、少しでも皆様のお役にたてることを願っています。

世界初の染色体の着床前診断を実施し豊富な実績を持つReprogenetics研究所(CooperGenomics社)など海外の専門機関と協力し、日本の皆様に着床前診断(PGT-M/PGT-A)、性別判定(男女産み分け)等、世界基準の検査を提供する企業です。

資料請求はこちらから