着床前診断(PGD/PGS)、性別判定(男女産み分け)等、世界基準の検査を提供します。

【重要】タイ渡航による男女産み分けをご検討中の方へ

これまでタイでの着床前診断による男女産み分けは合法であった為、多くの患者様が男女産み分けを目的にタイに渡航されていました。
しかしながら、2014年日本人による代理母出産の問題等をきっかけにタイ国内でも生殖医療に関する問題が議論され、タイでの着床前診断による男女産み分け行為は違法となりました。

日本人の患者も罰せられる可能性がありますのでご注意ください。

◆タイ警察からの声明(2014年7月)

「現在、インターネット広告や、仲介業者が『タイでは合法に男女産み分け』が出来ると宣伝している。
これらは間違った情報であり、病院、仲介業者、Webサイト、患者を含め、男女産み分けを行った者は厳しく罰せられることになる。
男女産み分けにかけられる懲役は3年、罰金6万バーツ、男女産み分けを行った医者は医師免許の剥奪がさらに課せられる。
現在タイにあるすべてのクリニックが監査されている。」

出典:The Nation

今回の法改正を受け、タイの病院を紹介・仲介するエージェントでは、男女産み分けというキーワードをホームページ上から削除するなどしているようです。例えそういった記述がなくとも、実際にタイ現地で男女産み分けを行ってしまうのは上記の通り違法行為となり、患者様方にとっても大きなリスクが発生する可能性があるため、お知らせいたしました。

タイでは2014年に軍事政権となり、今後も外国人によるタイでの生殖医療については厳格な処置を進めていくと見られています。
タイでの男女産み分けをご検討中の方は十分ご注意ください。

株式会社Cell and Genetic Laboratory

提携企業

  • 協力団体/学会
    • NPO法人Fine
  • 提携検査機関
    • Reprogenetics