サイド_ボタン

“男の子を産み分けしたい”“流産のリスクを軽減したい”そんな方に着床前診断がおすすめの理由

高齢出産が増えている昨今、流産のリスクを減らして妊娠や出産に挑みたいと考える方は少なくありません。また、ご夫婦によっては「どうしても男の子を産み分けしたい」という強いご希望をお持ちの方もいます。今回は、これらのニーズに応えてくれる着床前診断について解説していきます。

着床前診断とは?検査の種類とメリットについて

「着床前診断」では受精卵が子宮に着床する前の段階で検査を行いますが、「出生前診断」では妊娠してからお腹で成長している赤ちゃんの検査を行うことになります。このように、着床前診断と出生前診断は名前が似ていますが、検査のタイミングに大きな違いがあります。

 

妊娠してからの検査となると、万が一、赤ちゃんに異常があるとわかったときに中絶するかどうか悩んでしまう方は少なくありません。しかし、着床前診断であれば受精卵の状態で検査を行うので、早い段階から染色体や遺伝子に関する情報が得られる点にメリットがあります。

 

着床前診断には2つの種類があり、「着床前単一遺伝子診断 (PGT-M)」と「着床前染色体異数性診断 (PGT-A)」に分類されています。目的に応じて2つの検査を使い分けることになるため、違いを確認しておきましょう。

 

まず、着床前単一遺伝子診断 (PGT-M)では、ご夫婦のうちどちらかが遺伝性のご病気をお持ちの場合に、その原因遺伝子が子供に遺伝していないかを調べるものです。遺伝の有無を確認してから子宮に着床させるため、妊娠や出産に伴う不安を払拭することが可能でとなり、また中絶手術による負担を回避できるようになります。

 

一方、着床前染色体異数性診断 (PGT-A)は、流産を繰り返している方、高齢出産の方をはじめ、「男の子の産み分けをしたい」「先天的な異常がない受精卵で妊娠したい」といった希望をお持ちの場合に適した検査です。体外受精による妊娠の確率を高めたり、流産を防いだりする目的で利用されることが多いです。

 

高齢出産が増えている今、先天性の異常や流産が生じるケースが増加してきています。こうした検査により、安心して妊娠や出産することを望んでいるご夫婦は少なくないでしょう。

 

男の子の産み分けを行うのに着床前染色体異数性診断 (PGT-A)が有効な理由

着床前染色体異数性診断 (PGT-A)を受けると、男の子の産み分けを行うことが可能となります。なぜ男の子の産み分けができるのか疑問に感じられる方もいると思いますが、検査では「性染色体」についても確認するため、あらかじめ性別を知ることができるのです。

 

性染色体は、性別の決定に関与している染色体で、その組み合わせがXXであれば女の子、XYであれば男の子が生まれます。受精卵を調べたとき、希望の性別の受精卵を子宮に戻して着床させれば、「どうしても男の子がほしい」などの希望に応じた産み分けが実現可能となります。

 

着床前染色体異数性診断 (PGT-A)には流産のリスクを低減させるという大きな目的がありますが、希望があれば男の子の産み分けも可能となります。

 

Cell and Genetic Laboratory(CGL)が提供している着床前診断プログラムによる産み分けのメリットとは?

CGLという会社で提供している着床前診断には、さまざまなメリットがあります。まず、男の子と女の子を産み分ける目的の着床前診断は、日本国内ではCGLが最も多くの実績を持っています。検査を行った受精卵が無事に着床して、妊娠と出産の過程を経ると、ほぼ100%の確率で男の子と女の子の産み分けが可能となるのです。

 

着床前診断では、受精卵を凍結して輸送する過程で悪影響があるのではないかと心配される方もいます。しかし、CGLの検査では世界的にもトップレベルの検査機関(米国)にDNAのみを輸送することもできるため、安心して診断を受けることができます。

 

さらに、日本国内ではアレイCGH法と呼ばれる検査の手法が用いられていますが、それよりも高精度のNGS法を使っている点にもメリットがあります。

 

また、着床前診断のパイオニアともいえるサンティアゴ・ムネ博士、生殖医療分野の第一人者であるマークW・サリー博士と医療顧問契約を結んでいることも強みです。両博士は米国内で多くの実績を有しており、こうした専門家のバックアップがあるサービスだからこそ得られる安心感があります。

 

現在、日本国内では日本産科婦人科学会が設けている制限により、不妊治療を受けている方であっても着床前診断は自由に受けることはできません。また遺伝的な病気に関しても調べられる項目に制限を伴うことが一般的です。しかし、CGLの着床前診断では特に制限がなく、可能な限りの検査を行うことができます。男の子の産み分けを希望される方、学会が設けている条件を満たしていない方など、さまざまなニーズに応えてくれる検査といえます。

 

検査を受けるための条件が少ないため、ご興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか?

KEYWORD

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

関連記事