着床前診断(PGD/PGS)、性別判定(男女産み分け)等、世界基準の検査を提供します。

着床前診断【染色体異常・男女産み分け】

着床前診断とは

着床前診断(ちゃくしょうぜんしんだん)とは、「受精卵の段階でその遺伝子や染色体を解析し、受精卵が子宮に着床して妊娠する前に、遺伝子や染色体に異常がないかどうかを調べる医療技術」です。
着床前診断には、ご夫婦のどちらかが特定の遺伝性の病気の保因者である場合に受ける「着床前診断 (PGD)」と、流産を減らし着床率をあげる目的で、偶然起きる染色体の数的異常に対してスクリーニング検査を行う「着床前スクリーニング (PGS)」とがあります。
どちらも着床する前の受精卵に対して行う検査ですが、目的によって2種類に分類されています。

着床前診断(PGD)は、着床する前の受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかを調べる医療技術です。
保因する遺伝性の病気が遺伝しているかどうかを妊娠が成立する前の受精卵の段階で調べるため、出生前診断のように、妊娠を継続するべきかどうかという選択でご夫婦が悩まれることや、羊水検査で発生する可能性のある流産のリスクもありません。

この技術が進んだことによって、これまで染色体異常や遺伝子疾患が遺伝する可能性を考えて、お子様を持つことを諦めていたご夫婦が妊娠を希望することも可能となりました。弊社では、単一遺伝子によって引き起こされる遺伝子疾患をお持ちのご夫婦に対し、特定の遺伝子が遺伝しているかどうかを調べる着床前遺伝子診断も実施しています(※ご希望の方は別途ご相談ください)。

メリット
・遺伝子疾患が遺伝する可能性のあるご夫婦が子供を持つことを諦めなくて良い
・着床後の出生前診断の結果によって行われる中絶手術の回避
・羊水検査による母体への負担の回避

一方、着床前スクリーニング(PGS)は、着床しやすく流産しにくい、染色体異常の無い受精卵を選んで子宮に戻してあげる技術で、現在実施されている着床前診断のほとんどは、この着床前スクリーニングが占めています。

着床前スクリーニング(PGS)を受けると、体外受精の妊娠率を高めたり、流産を予防したり、男女の性別を事前に判定する事もできます。
現在、日本国内で実施されている体外受精では移植する受精卵の選択を外見に頼っていますが、外見だけでなく中身(染色体)の異常の有無をしっかり調べることで、着床しやすく、流産しにくい受精卵を選ぶことができます。
※着床前遺伝子診断をご利用の方も、染色体の数的異常を調べる着床前スクリーニング(PGS)を同時に実施します。

歴史と海外の状況

着床前診断の歴史は長く、1990年に最初の出産例が報告されており、ヨーロッパ不妊学会に登録されているだけで2007年までに5,000人以上、着床前診断が何の制限もなく実施されている米国では、これまでに少なくとも60,000人以上の赤ちゃんが誕生していると推測されますが、着床前診断が原因で異常が生じたとの報告は1例もありません。1992年に最初の出産例が報告され、現在一般的な不妊治療として実施されている細胞質内精子注入法(ICSI)による顕微授精より長い歴史を持っていることになります。

また、着床前診断は世界中の多くの国々で実施されている技術です。米国、オーストラリア、英国、フランス、ベルギー、北欧、ロシア、ギリシャ、トルコ、アルゼンチン、中国、韓国、インド、タイ、マレーシアなど、ほとんどの国で実施されており、人口割合からみると世界の95%以上において実施されている技術です。

特に米国等では、着床前診断による男女産み分けに規制がありませんので、「ファミリーバランシング」を目的とした産み分けに関しても一般的に実施されています。

Reprogenetics研究所の着床前診断のメリット

●着床率の向上

着床前診断において世界でもトップレベルの技術を持ち多くの実績を持つ米国のReprogenetics研究所の報告によると、新しい技術を用いた着床前診断を受けることによって体外受精で胚盤胞移植を実施した場合の受精卵1個あたりの着床率が28%から70%以上に上昇したと報告しています。

染色体に異常のない受精卵を子宮に戻すことにより、妊娠率が飛躍的に向上することを示しています。

●流産を減らす

< 流産の原因の多くは、染色体異常 >

流産の大きな原因は、極めて高い確率で染色体異常であることがわかっています。特に40歳以上の方の場合、流産の83%は染色体異常が原因であると言われています。その為、染色体異常がある受精卵は極めて高い頻度で流産、死産につながります。

実際に、出生児における染色体異常の頻度は0.1%程度のため、染色体異常妊娠の多くは流産してしまうことがわかります。着床前診断で染色体異常のない受精卵を選んで子宮に戻してあげることによって、体外受精で妊娠された後の流産の可能性を大きく減らすことができます。

< 35歳以上の受精卵の6割以上が染色体異常 >

こうした染色体異常は特殊な事例だと思う方も多いと思います。しかし、一般の受精卵にもかなり高い割合で染色体異常が認められています。20~34歳の方でも59%、35~39歳の方では63%、40~47歳の方では74%、つまり3/4に染色体異常が認められます。

染色体異常を持った受精卵の割合

Munne et al.1995,Marquez et al.2000,unpublished data

こういった染色体異常を持つ受精卵は殆どは臨床妊娠にさえ至らず、着床しない、あるいは化学妊娠で終わってしまいます。

< 染色体異常を持つ受精卵の9割以上が着床できない >

染色体の数に異常のある受精卵の内、臨床妊娠に至らないものの割合

Munne et al. RBM Online, 2004

上記の図から、染色体異常を持つ受精卵の殆どは、着床しないか化学妊娠で終わってしまいます。もし、臨床妊娠まで至ったとしても、上述の通り大半は流産に終わってしまいます。

着床前診断で染色体異常のない受精卵を選んで子宮に戻してあげることによって、体外受精で妊娠された後の流産の可能性を大きく減らすことができます。また、臨床妊娠に至る可能性の高い受精卵を選んであげることで、体外受精の妊娠率を上げることも可能です。

日本国内の現状

これまで着床前診断(PGD/PGS)を日本国内で受けることは非常に難しい状況でした。しかし、2015年に日本産科婦人科学会により、臨床研究に向けた着床前診断の予備試験を、女性100人を対象に2017年末まで実施することを決めました。

その後、この予備試験が終了する2018年から3年間にわたり女性300人を対象とする臨床研究が開始される予定です。

対象は、35~42歳の方で、体外受精で3回以上成功していない女性と、原因不明の流産を2回以上繰り返した女性となります。着床前診断に用いられる技術は、全染色体をコンピューターで網羅的に調べる「アレイCGH」と呼ばれる検査法を使用します。

このように、少しずつではありますが、着床前診断は日本国内での解禁に向けて動きつつあります。

しかし、上記の通り現在は人数を100人に限定しており、対象となる方も一部の方のみの状況です。

また、この予備試験や臨床研究では性別の判定は行わない為、男女産み分けを実施することはできません。さらに遺伝病に関しては学会が許可した遺伝病の検査しか行うことはできません。

日本国内の現状 CGL
産み分け 不可 可能
対象年齢 35歳以上 年齢制限なし
可能項目
(遺伝病検査など)
学会の指定あり 学会の指定制限なく
可能な限りできる

男女産み分けについて

男女産み分けの方法としては、パーコール法など様々な方法がありますが、着床前診断による男女産み分け以外は確実な方法はありません。

●パーコール法による男女産み分け

日本では、男女の産み分け方法として、 パーコール法と呼ばれる方法が使われてきました。分離試薬 (パーコール液) に精子を重層し遠心分離する方法です。X精子はY精子よりも重いので、 パーコール液に精子を入れ遠心分離すると、 底に沈んだ精子はX精子の割合が高くなります。選別されたX精子を使うと女の子が生まれます。 パーコール法は成功率70%とも75%とも言われていますが、 実際には50~60%程度とする意見もあり、完全なものではありません。

●着床前診断による100%確実な男女産み分け

着床前診断では、体外受精した受精卵が胚盤胞という状態まで成長した段階で1、2個の細胞を取り出し、22 組の常染色体と、2種類の性染色体のすべてを調べます。性染色体XYが男性、XXが女性です。希望の性の染色体を持つ受精卵だけを子宮に戻せば100%の産み分けになります。

CGL着床前診断プログラムによる男女産み分け

男女産み分けを目的とした着床前診断は、現在も日本国内では一切行うことができません。
これまでは、多くの方がタイなどの海外に渡航し着床前診断を受けている状況でした。
しかし、その後タイでは男女産み分けを目的とした着床前診断が違法となり、トラブルも多発しているため、現在では海外で産み分けを行うことも難しくなっています。

弊社では、そのような状況の中、一日でも早く赤ちゃんを授かりたいと思う方々の負担を少しでも軽くし、安全かつ簡易で、レベルの高い着床前診断の提供をしたいと考え、日本にいながら着床前診断を受けられるプログラムの提供に至りました。CGLの着床前診断プログラムにより、少しでも皆様のお役にたてることを願っております。
弊社が提供する着床前診断プログラムは、米国やタイなどの海外にご夫婦が渡航する必要はありません。このプログラムは従来の問題点を解決した全く新しいプログラムです。
この新しいタイプの着床前診断プログラムに関しては日本で最大の実績を弊社は持っております。特に日本国内で100%確実な男女産み分けを行える着床前診断を提供する企業は弊社のみの状況です。

輸送方法と体制

CGL着床前診断プログラムでは、まずは国内の医療機関にて体外受精(または顕微授精)を行って頂きます。

その後受精卵より細胞の一部を取り出し、取り出した細胞のDNAを増幅したうえで米国のReprogenetics研究所に送り検査を実施しています。

これまで、受精卵そのものを輸送する方法しかありませんでしたが、現在はDNAのみを輸送し、大切な受精卵は国内の医療機関で保管できるため、移動や2度の凍結によって受精卵に及ぼす影響を心配する必要は全くありません。

※受精卵を輸送する方法も可能となっております。凍結保管中の受精卵をお持ち等、受精卵輸送をご希望の方はご相談ください。
※遺伝子疾患を調べる着床前遺伝子診断をご希望の方は、受精卵輸送型プログラムをご利用頂きます。

Reprogenetics研究所の優れた実績と最新の検査技法

着床前診断に関しては、高度な技術が必要ですが、弊社では、世界でもトップレベルの技術と実績を持つ米国のReprogenetics(リプロジェネティクス)研究所と提携しています。Reprogenetics研究所は、世界で初めて着床前診断を実施した研究所であり、豊富な実績と共に最新の技術と精度で着床前診断を実施しています。日本では、神戸の大谷レディスクリニックでもこの研究所の技術を用いており、大きな成果を出しております。

『着床前診断ネットワーク ホームページ』
(※大谷レディスクリニックでは、性別判定 (男女産み分け) は一切実施しておりませんのでご注意ください)
弊社を通じてReprogenetics研究所の着床前診断を受けることにより、染色体異常のない受精卵のみを移植できることになります。

Reprogenetics研究所は、現在日本国内で使われているアレイCGH法よりも精度の高いNGS法という最新技術を用いて24種類全ての染色体の検査を97%以上の精度で実施することが可能です。
このNGS法では、アレイCGH法では発見することができなかったモザイク現象も発見することができます。

サポート体制

CGLでは最新の技術を常に取り入れるため、メディカルアドバイザーとして米国内で数多くの実績を持つサンティアゴ・ムネ博士、マークW.サリー博士と医療顧問契約を結んでいます。

Reprogenetics研究所設立者兼化学ディレクター サンティアゴ・ムネ博士

サンティアゴ・ムネ博士は、着床前診断のパイオニアの一人であり、世界でもっとも着床前診断の実績があるReprogenetics研究所の責任者を務めています。ムネ博士は、1991年にピッツバーグ大学で遺伝学の博士号を取得し、1993年にはジャック・コーエン博士、ダガン・ウェルズ博士とともに、コーネル大学で染色体異数性検査法を最初に開発しました。1995年には、The Institute for Reproductive Medicine and Science of Saint Barnabasにおいて着床前診断の責任者を務め、その後、2001年に着床前診断の実施を目的にReprogenetics研究所を設立し、現在も同研究所の科学ディレクターを務めています。2003年以降、ダガン・ウェルズ博士(2000年米国生殖医学会年次会議で、その遺伝学研究における画期的な業績で賞を授与)と共同で、単一遺伝子病に対する診断を実施しています。また、着床前診断国際学会(PGDIS)の理事の一人であり、2008年には同学会の会長も務めています。これまでムネ博士が、米国、ヨーロッパ、日本、南米など世界中で着床前診断を提供しており、着床前診断の発展のために執筆した論文や出版物は数百本に達しています。また、ムネ博士は着床前診断の世界的な権威の一人として、日本の学会にも招待され度々講演を行っています。着床前診断において、ムネ博士は日本を含めた世界中の不妊治療に携わる医師から信頼されている専門家です。

UCLA Clinical Professor マークW.サリー博士

マークW.サリー博士は、不妊治療と生殖医療の分野における第一人者です。サリー博士は、UCLA医療センターで研修医として務めたあと、ロンドン大学、ハマースミス病院で生殖分泌学および不妊治療の研究に携わり、ロンドン大学とメルボルンのモナッシュ大学で着床前診断の研究を行ってきました。その後サリー博士は、Southern California Reproductive Centerの共同設立者兼Medical Directorを務め、Department of Obstetrics and Gynecology at the David Geffen School of Medicine at UCLAではClinical Professorも務めています。また、米国の主要な学会であるAmerican Association of Gynecologic Laparoscopists(AAGL)、Pacific Coast Reproductive Societyで会長を務めた経験もあります。サリー博士は、不妊治療および生殖医療、遺伝学などについて多くの論文を執筆しており、不妊治療の専門家としてより多くの患者が妊娠し、健康な赤ちゃんを産めるように研究に取り組んできました。このような功績から、サリー博士は、“Best Doctors in America“のTOP100人の一人として選ばれており、ニューヨークタイムズ紙、ロサンゼルスタイムズ紙などの新聞やCNN、Fox、CBS、ABC、NBCなど多くのテレビでも彼の実績が紹介されています。

CGL着床前診断プログラムの特徴

100%確実な男女産み分け

着床前診断では100%確実に性別がわかります。胚移植後無事に着床し、妊娠・出産に至れば、その後は確実に受精卵時点の性別のお子さまが生まれます。男女産み分けができる着床前診断は日本では弊社のみが提供しています。

受精卵輸送不要

米国へ輸送するのは受精卵そのものではなく、受精卵から取り出したDNAのみのため、移動や2度の凍結による受精卵への影響を心配する必要はなくなりました。もちろんご夫婦が海外へ渡航する必要もありません。
※受精卵を輸送する方法も可能となっております。凍結保管中の受精卵をお持ち等、受精卵輸送をご希望の方はご相談ください。
※遺伝子疾患を調べる着床前遺伝子診断をご希望の方は、受精卵輸送型プログラムをご利用頂きます。

最新の検査技法

現在日本国内で使われているアレイCGH法よりも精度の高い、NGS法という最新技術で着床前診断を行うことで、これまでは検出できなかったモザイク現象も判定することができます。

染色体異常の回避と着床率の向上

着床前診断を受けた染色体異常のない受精卵を胚移植することによって着床率が飛躍的に向上します。
染色体異常は流産の原因にもなりますので、流産の可能性も大きく減らすことができます。

安心の医療体制

体外受精や胚移植という非常にデリケートな施術を、日本国内の安心できる環境で受けることができます。

日米の豊富な実績

世界でもトップレベルの技術と年間2万件を超える着床前診断の実績を持つ、米国Reprogenetics研究所の着床前診断を提供しています。また、CGLの実績は日本国内で最大の実績で、これまでに多くのご夫婦にご利用いただいています。
>最新の実績はこちら

全額返金保障

受精卵を米国へ輸送する手配が開始される前であれば、弊社にお支払いいただいた費用は全額ご返金が可能です。資料請求後の個別相談も無料で実施しています。

検査の流れ

  1. 弊社ホームページより資料請求(郵送またはダウンロード)
  2. 詳細資料のお受け取り(郵送またはダウンロード)
  3. 個別相談のご予約
  4. 弊社スタッフと個別相談(電話相談もしくは来社面談)
  5. 契約書の締結及び費用のお支払い
  6. 国内医療機関にて体外受精の開始
  7. 受精卵から取り出したDNAまたは受精卵を米国へ輸送
  8. 米国検査機関にて着床前診断
  9. 検査結果のご連絡
  10. 受精卵輸送の場合は日本の医療機関へ受精卵をご返送
    (日本の医療機関にて胚移植⇒着床⇒ご出産)

※検査結果はDNAまたは受精卵が米国到着後、5週間ほどでお伝えできる予定です。
お申込み状況によっては結果連絡が遅れることもありますので、恐れ入りますが、予めご了承ください。
※着床前遺伝子診断をご利用の方は検査の流れが異なります。

検査概要及び、費用について

検査名称 着床前診断
検査機関 Reprogenetics研究所(米国)

英語のページに移動します

検査実施国 米国
検査項目 1番~22番常染色体及びX/Y性染色体

※遺伝病をお持ちの方で着床前遺伝子診断をご希望の場合は別途ご相談ください。

検査価格 下記のご案内をご確認の上、弊社まで資料請求をお願いします。
提携医療機関 提携医療機関は全国にあるため、最寄りの医療機関をご紹介できます。

※詳細は個別相談時にお伝えします。

資料請求

現在、着床前診断に関するお問い合わせが殺到しており、お電話での対応が一時的に対応不可能な状況になっております。
その為、弊社側の事情で大変恐縮ですが、弊社に資料請求を頂いたお客様に対してのみ、お問い合わせ及びご質問お受けしている状況です。
資料内には、検査価格及び一般的なQ&Aなど多くの情報が含まれている為、まずは資料をご確認頂ければ幸いです。

※現在弊社では、平日の営業時間内の他に土曜日の個別相談会を東京と大阪にて実施中です。個別相談会のスケジュールは下記をご確認ください。
(※提携医療機関は、東京と大阪以外にも全国にあります。)

週末個別相談会について

着床前診断に関して詳細内容をご希望の場合は弊社より資料を送付いたしております。資料発送前に送付手配完了のお知らせメールをお送りしますので、[cgl-info@cg-labo.co.jp]からのメールを受信できるメールアドレスのご入力をお願いいたします。

ご入力内容

資料の送付方法
氏名
カナ氏名
年齢
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
郵便番号
都道府県
市区町村・番地
建物名・部屋番号
電話番号
資料請求の理由

個人情報保護方針をご確認いただき、ご同意の上送信をお願いいたします。

資料ダウンロード用のURLをメールにてお送りしました。

資料をご請求いただきまして、誠にありがとうございます。
資料ダウンロード用のURLを記載したメールを自動で送信いたしましたので、ご確認ください。
※ご利用のメールソフトによっては、迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性がありますのでご注意ください。

万が一、24時間を経過しても弊社からのメールが届かない場合は、恐れ入りますが下記お問い合わせフォームより別途お問い合わせください。

お問い合わせページへ

資料請求メールの送信が完了しました。

資料をご請求いただきまして、誠にありがとうございます。
確認用のメールを自動で送信いたしましたので、ご確認ください。
※ご利用のメールソフトによっては、迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性がありますのでご注意ください。

資料の発送完了後に、改めて担当者よりメールにてご連絡をさせていただきます。
万が一、一週間経過しても弊社より連絡がない場合は、恐れ入りますが下記お問い合わせフォームより別途お問い合わせください。

お問い合わせページへ

提携企業

  • 協力団体/学会
    • NPO法人Fine
  • 提携検査機関
    • Reprogenetics