着床前診断

受精卵の段階で染色体や遺伝子を解析し、受精卵が子宮に着床して妊娠する前に、染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる医療技術です。妊娠率を高めたり、流産を予防したりすることも可能です。

男女産み分け

着床前診断の技術を使うと、妊娠する前に性別を知ることができます。希望する性別の受精卵を移植することで男女産み分けが可能です。

私たちの企業理念はシンプルです。「世界基準の検査」をお届けします

私たちは、着床前診断の豊富な実績を持つ海外の専門検査機関と協力し、日本の皆様に不妊・妊娠・出産に関わる様々な検査を提供しています。

自分のからだのこと、赤ちゃんのからだのことを正確に知る権利は、国でも企業でも専門家でもなく、私たち自身がそれぞれ持っているものだと考えております。

日本の医療技術は、世界でもトップレベルを誇っています。すぐれた治療や医薬品、検査体制も整っています。それにも関わらず、日本国内では、私たちが受けることができない治療や検査が存在することも事実です。世界一の不妊治療大国であり少子化が進む日本。その中で私たちは、小さな命のことを考えているあなたを支えたいと思っています。

そして、少しでも皆様のお役にたてることを願っています。

着床前診断の豊富な実績を持つ海外の専門機関と協力し、日本の皆様に着床前診断(PGT-A/PGT-SR/PGT-M)、性別判定(男女産み分け)等、世界基準の検査を提供する企業です。

資料請求はこちらから

監修医師

CGLメディカルアドバイザー

サンティアゴ・ムネ博士 Santiago Munné, Ph.D.

遺伝学博士

Reprogenetics設立者

1993年にジャック・コーエン博士、ダガン・ウェルズ博士とともに、コーネル大学で染色体異数性検査法を最初に開発し、2001年には着床前診断の実施を目的にReprogenetics研究所を設立、米国、ヨーロッパ、日本、南米など世界中で着床前診断を提供してきました。 国際的な着床前診断の学会であるPGDISの理事の一人であり、2008年には同学会の会長も務めています。

着床前診断の発展のために執筆した論文や出版物は数百本に達しており、日本の学会から招待され度々講演を行うなど、着床前診断の世界的な権威の一人として、日本を含めた世界中の不妊治療に携わる医師から信頼されている専門家です。

ドクター画像

1993年にジャック・コーエン博士、ダガン・ウェルズ博士とともに、コーネル大学で染色体異数性検査法を最初に開発し、2001年には着床前診断の実施を目的にReprogenetics研究所を設立、米国、ヨーロッパ、日本、南米など世界中で着床前診断を提供してきました。 国際的な着床前診断の学会であるPGDISの理事の一人であり、2008年には同学会の会長も務めています。

着床前診断の発展のために執筆した論文や出版物は数百本に達しており、日本の学会から招待され度々講演を行うなど、着床前診断の世界的な権威の一人として、日本を含めた世界中の不妊治療に携わる医師から信頼されている専門家です。

ドクター画像

マークW.サリー博士 Mark W. Surrey, M.D.

UCLA Clinical Professor

生殖内分泌学者

不妊治療専門医

UCLA医療センターで研修医として勤務後、ロンドン大学、ハマースミス病院で生殖内分泌学および不妊治療の研究に携わり、ロンドン大学とメルボルンのモナッシュ大学で着床前診断の研究を行ってきました。 米国の主要な学会であるAmerican Association of Gynecologic Laparoscopists(AAGL)、 Pacific Coast Reproductive Societyで会長を務めた経験もあり、“Best Doctors in America“のTOP100人の一人に選出されています。

多才な実績はロサンゼルスタイムズやCNN、Fox、CBS、ABC、NBCなど多くのメディアで紹介されています。

UCLA医療センターで研修医として勤務後、ロンドン大学、ハマースミス病院で生殖内分泌学および不妊治療の研究に携わり、ロンドン大学とメルボルンのモナッシュ大学で着床前診断の研究を行ってきました。 米国の主要な学会であるAmerican Association of Gynecologic Laparoscopists(AAGL)、 Pacific Coast Reproductive Societyで会長を務めた経験もあり、“Best Doctors in America“のTOP100人の一人に選出されています。

多才な実績はロサンゼルスタイムズやCNN、Fox、CBS、ABC、NBCなど多くのメディアで紹介されています。

よくあるご質問

  • Q.着床前診断とは何ですか?
    A.受精卵の段階でその染色体や遺伝子を解析し、受精卵が子宮に着床して妊娠する前に、染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる医療技術です。
  • Q.個別相談等に費用はかかりますか?
    A.全て無料にて相談を承っておりますのでご安心ください。
  • Q.本当に性別がわかるのでしょうか?
    A.着床前診断では高精度で性別がわかります。胚移植後無事に着床し、妊娠・出産に至れば、その後はほぼ確実に受精卵時点の性別のお子様が生まれる事になります。
  • Q.年齢制限はありますか?
    A.特に年齢制限はありません。
お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼