サイド_ボタン

ジェル(ゼリー)を使った産み分け方法と成功率について

産み分け用のジェル(ゼリー)を使うことで、希望する性別の赤ちゃんを授かる可能性は高まるのでしょうか。今回は、ジェル(ゼリー)を使った産み分け方法やその成功率について解説します。男女産み分けに関心をお持ちの方は参考にしてみてください。

男女の性別が決まる仕組みと、人為的な産み分けの成功率とは?

男女の性を決定するのは、性染色体と呼ばれる染色体の構成です。性染色体は男女の性別を決める遺伝子を含む染色体であり、XおよびY染色体の組み合わせによって、性別は左右されます。

 

卵子はX染色体だけを持っているため、子供の性別は“X精子”と“Y精子”のどちらで受精するかによって決まります。X精子はX染色体を持ち、酸性に強く、2〜3日は生き残ることができます。Y精子はY染色体を持つ精子であり、アルカリ性に強く、1日しか寿命がないという特徴があります。

 

膣内環境は基本的に酸性を保ち、外部から雑菌が侵入することを防いでいますが、排卵日になるとアルカリ性に傾きます。つまり、排卵日の前には女の子が生まれるX精子に有利な環境となり、排卵日の当日にはY精子が活動しやすい環境となります。

 

このような仕組みから、意図的に性交のタイミングを調整する産み分け方法が広く実践されています。排卵日の2日前であれば女の子を、排卵日当日であれば男の子を妊娠しやすいと考えられています。

 

排卵日やその2日前を特定するために、基礎体温の記録や排卵検査薬の使用を検討する方も少なくありません。自然に妊娠すれば男女産み分けの確率はおよそ半分ずつになりますが、このような産み分け法では約8割の確率で男女産み分けが成功すると考えられています。

 

ジェル(ゼリー)を使った産み分け

通常は酸性の膣内が排卵日にはアルカリ性に傾きますが、実際にどれくらいの濃度になるかについては個人差もあります。性交のタイミングを調整するだけでは、産み分けがうまくいかないこともあるのです。

 

そこで、産み分け用のジェル(ゼリー)を使い、膣内の酸性濃度を人為的にコントロールする方法も用いられています。産み分け用のジェル(ゼリー)は、性交のときに膣に注入して使うものであり、酸性濃度を調整するための成分が含まれています。

 

女の子を希望する人は酸性に傾けるピンクゼリーを使い、男の子を希望する人はアルカリ性に傾けるグリーンゼリーを使います。基本的に産み分け用のジェル(ゼリー)は天然由来の成分でできていますが、外国製のジェル(ゼリー)では成分が非公開となっているケースもあるため、表示を確認すると良いでしょう。

 

ジェル(ゼリー)を膣内に注入したあとは、こぼれやすい状態になっているため、腰の下に枕やクッションを入れるなどの工夫をしてみてください。

 

なお、ジェル(ゼリー)を使うことによって、男女産み分けの成功率は7〜8割ほどになるとされています。しかし、ジェル(ゼリー)を使っても確率は数%しか上がらないという見解もあり、確かなことはわかっていません。

 

ジェル(ゼリー)以外の産み分け方法とは?

ジェル(ゼリー)を使う以外の産み分け方法はいくつか存在し、食べ物を工夫したり、中国式の産み分けカレンダーを使ったりする方もいます。

 

食べ物の工夫に関しては、酸性やアルカリ性のものを食べると体内の酸性濃度が変わるという考え方に基づいています。たとえば、酸性の酢を摂取すれば、酸性濃度が酸性に傾くといった具体になります。しかし、体の酸性濃度は一定のバランスを保つように調整されているため、食べ物による産み分け方法は現実的とはいえません。

 

また、中国式の産み分けカレンダーでは、受胎日と母体の年齢から赤ちゃんの性別を予想できますが、こちらも科学的根拠のある方法ではありません。

 

医療機関ではパーコール法という手法で精子を遠心分離にかけて、X精子とY精子を選別し、人工授精に至る産み分けも行われています。しかし、完全に精子を分離できる仕組みではないため、成功率は6〜7割ほどといわれています。

 

産み分けの成功率が高いCGL着床前診断プログラムとは

性交日を調整したり、産み分け用のジェル(ゼリー)を使ったり、家庭でも実践しやすい産み分け方法はありますが、どれも確実な方法とはいえません。

 

「どうしても女の子がほしい」「男の子であれば第2子を授かりたい」など、男女産み分けに対して強い思いがあるご夫婦は、着床前診断を受けるという選択肢もあります。

 

着床前診断を受けるには体外受精を行う必要がありますが、得られた受精卵の遺伝子や染色体の異常を調べることができます。遺伝子や染色体異常のある受精卵では、流産や病気につながるリスクもあるため、着床前診断ではそうした可能性を下げることを目的としています。

 

ただ、受精卵の段階で、性染色体がXXとXYのどちらの組み合わせであるかによって、赤ちゃんの性別は決定します。希望する性別の染色体を持つ受精卵で着床に至ることで、高い確率(統計上98%以上と言われています。)で産み分けが成功するのです。

 

日本では男女産み分けを目的とした着床前診断は禁止されていますが、米国など諸外国では許可されていることもあります。株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)という会社の着床前診断プログラムでは、日本で体外受精を行い、受精卵のDNAを米国のクーパーゲノミクス社に送って検査を受けられる体制を整えています。男女産み分けのために海外に渡航する方もいますが、その必要はありません。

 

産み分け用のジェル(ゼリー)よりも確かな方法で男女を産み分けたいときは、CGLの着床前診断プログラムを検討してみると良いでしょう。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事