サイド_ボタン

ゼリーを使った産み分けの確率はどれくらい?より効果的な産み分け方法についてもご紹介

産み分けゼリーを使うことによって、希望の性別の赤ちゃんを授かる確率を上げたいとお考えのご夫婦も少なくありません、産み分けゼリーを使うことで、どれくらい確率が上がるのでしょうか。今回は、ゼリーを用いた産み分けの成功率や、さらに確率が上がる産み分け方法をご紹介します。

性別が決定される基本的なメカニズムとは?

ヒトの性別は、“性染色体”という染色体の組み合わせによって決まります。性染色体を構成する染色体には“X染色体”と“Y染色体”があり、組み合わせがXXなら女の子、XYなら男の子が生まれるメカニズムになっています。

 

女性の卵子はX染色体しか持っていないため、子供の性別を左右するのは精子の種類です。精子にはX染色体を持つX精子、Y染色体を持つY精子の2種類があり、どちらの精子で受精するかが子供の性別を決める要因となります。

 

X精子とY精子は同じ精子ではありますが、活動しやすくなる条件が異なります。女の子が生まれるX精子は酸性に強い性質を持ち、寿命は2〜3日と比較的長いです。一方、男の子が生まれるY精子はアルカリ性に強く、寿命は1日ほどと短いのです。

 

また、普段は酸性の状態である膣内環境が、排卵日になるとアルカリ性に傾くという性質もあります。したがって、排卵日の2日前の性交であれば女の子が、排卵日当日の性交であれば男の子が生まれる確率が上がると考えられています。

 

希望の性別の赤ちゃんが生まれる精子にとって有利な条件になれば、産み分けの確率は上がるということになります。

 

各種ゼリーを使った産み分け方法とその確率は?

排卵日を起点として、すべての女性で全く同じように濃度が変化するわけではなく、個人差もあります。したがって、“産み分けゼリー”を使って酸性やアルカリ性の度合いを調整する方法もあるのです。

 

産み分けゼリーとは、性交時に膣に注入して使うゼリーであり、女の子を希望するときは酸性に、男の子を希望するときはアルカリ性に傾ける作用があるゼリーを選びます。基本的には天然由来成分でできているため、有害性はないとされていますが、ゼリーの成分が公開されていない場合は使用を避けた方が安心でしょう。

 

産み分けゼリーで希望の性別の赤ちゃんを授かることができる確率について、明確なデータはありません。一般的に、ゼリーを使用した産み分けでは約7〜8割ほどの確率で成功するとされていますが、確率が数%上がるだけという見解もあります。

 

ゼリー以外のさまざまな産み分け方法とその確率とは?

産み分けゼリーを使う以外にも、さまざまな産み分け方法があります。どの方法も確かな確率がわかっているわけではありませんが、方法と確率の目安について知っておいて損はありません。

 

医療機関でできる産み分け方法のひとつに“パーコール法”というものがあり、人工授精や体外受精などを行うときに、精子を選別するための方法です。精液を遠心分離にかけ、X精子とY精子で重さが異なる特性を利用し、受精につなげていきます。

 

ただし、パーコール法でも確実にX精子とY精子を分離させることはできないため、100%の確率で産み分けが成功するわけではありません。成功する確率に関しては60〜70%ほどが目安といわれています。

 

そのほかには、食べ物で体内の酸性濃度をコントロールする産み分け法もあります。人間の体では生理機能によって酸性濃度が一定に保たれているため、こちらは科学的根拠がない方法といえます。

 

CGLの着床前診断プログラムによる産み分けとは?

産み分けゼリーなどを使った方法では、確実に希望の性別の子供が生まれるとは限りません。特に何も対策せずに自然に妊娠したのであれば、男女産み分けの確率は半々になるため、それよりは少し確率が上がる可能性があるととらえておきましょう。

 

どうしても希望の性別の赤ちゃんを妊娠して出産したい場合には、着床前診断を受けるという方法もあります。体外受精を行うことで受精卵が得られますが、遺伝子や染色体の異常を調べ、着床率を上げたり、流産の可能性を減らしたりすることを目的としています。

 

受精卵を調べるときには、どちらの性別の子供が生まれるか把握できるため、希望の性別に応じて受精卵を選んで子宮に戻せば、ほぼ確実(統計上98%以上と言われています。)な産み分けにつながります。

 

ただ、日本では日本産科婦人科学会が産み分けを目的とした着床前診断は実施できないことを定めていますが、米国では産み分けも認められています。

 

株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断では、日本で体外受精した受精卵または受精卵から採取した細胞のDNAを増幅した上、米国に輸送する仕組みを採用しているため、日本にいながらにして着床前診断を受けることが可能です。

 

産み分けゼリーなどを使った方法よりも産み分けの確率を上げたいとお考えのご夫婦は、CGLの着床前診断を視野に入れてみても良いかもしれません。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事