サイド_ボタン

ダウン症の特徴とは?外見・内面・発達過程について解説

ダウン症の赤ちゃんは、顔つきなど外見に関する特徴があることがよく知られています。しかし、内面や発達過程においてもいくつか特徴的な点があるのです。今回は、ダウン症の子供の特徴に焦点を当てて解説していきます。

ダウン症の外見の特徴とは

ダウン症の子供は、顔が平べったく、鼻が低い傾向にあります。目は離れて、つり上がっており、ぱっちりした二重であることが多いです。顔つきに特徴的な点があるため、外見から「ダウン症の子供かもしれない」と感じることもあるかもしれません。

 

耳が低い位置についており、上部が折れ曲がっているため、耳が小さく見えるという特徴もあります。舌が分厚く、口から出たままになっていることも少なくありません。そのほか、後頭部が平らであったり、指が短く手が丸かったり、見た目の特徴はいくつかあります。

 

ダウン症の子供は筋肉量が少なく、さらに筋緊張と呼ばれる筋肉の張りが弱いため、体がやわらかいという特徴があります。体がやわらかいため、見た目にもくたっとしているような様子になる子供が多いです。このように、顔だけでなく、体つきにも特徴的な点があるのです。

 

ダウン症の子供に多く見受けられる外見的な特徴はありますが、すべての子供が同じ見た目というわけではありません。一人ひとりの子供の見た目にも両親から受け継いだ特徴があり、個性があります。

 

ダウン症の内面の特徴とは

ダウン症の子供は、見た目に特徴があることがよく知られていますが、実は内面や性格に関しても、多くの子供に共通する傾向があります。

 

ダウン症の子供は抽象的な事柄を理解しにくく、自分の気持ちや意思を伝えるのが苦手といわれています。頑固であり、気持ちを切り替えることが苦手と表現されることも多いです。

 

しかし、ダウン症の子供は想像力が豊かであり、観察力に優れているという特徴もあります。性格は明るく穏やかで、思いやりがあって、人の気持ちを汲むことができる子供も多いです。赤ちゃんのうちにも音楽やダンスなどを好み、体を動かしながら遊ぶ場合もあります。

 

ダウン症ではない人の性格や内面が人によって異なるのと同じように、ダウン症の子供の特徴にもそれぞれ違いがあります。

 

発達過程でわかるダウン症の特徴とは

新生児や幼児では、眠くなったり、お腹がすいたりすると泣くことが多いです。それに対して、ダウン症の子供は不快なことがあってもあまり泣かないといわれています。よく眠るという特徴もあるため、おとなしい子供という印象を受けるかもしれません。

 

筋肉量が少ないことから、母乳やミルクを吸う力や握力が弱いという特徴もあります。母乳やミルクを飲むのに時間がかかるか、疲労から最後まで飲みきれないといったことも起こります。子供に必要な栄養素が不足しないよう、授乳回数を増やすなど、工夫をして対応していきます。

 

ダウン症の子供では、寝返りやお座り、ハイハイといった運動の発達も同じ月齢の子供と比べると遅いことが多いです。発達はゆるやかに進んでいくため、その子供のペースに合わせて発達を見守っていく姿勢が大切です。時間はかかっても、関わりを続けるなかで運動の機能も獲得していくことができます。

 

子供がダウン症になるのを避けるには

ダウン症の子供が生まれる原因は、21番目の染色体が1本増える「21トリソミー」という染色体異常にあるといわれています。この染色体異常は偶然発生することが多いため、予防することはなかなか難しいです。しかし、母親の年齢が上がると染色体異常の発生率が高まり、ダウン症の子供が生まれる可能性も高まることがわかっています。

 

つまり、高齢出産など、妊娠や出産を経験する年齢が上がれば上がるだけダウン症のリスクは高まります。ダウン症のリスクを避けたい場合は、高齢出産を避け、できるだけ若い年齢のうちに、妊娠や出産を計画することを視野に入れてみましょう。

 

キャリアのために高齢出産になりそうであれば、若いうちに卵子を凍結しておくなどの対策を考えることもできます。若い女性の子供でもダウン症になる可能性はありますが、リスクとしては下がることになります。

 

また、染色体や遺伝子に異常のない受精卵を選んで子宮に戻す「着床前診断」を受けるという方法もあります。染色体異常がある受精卵では流産やダウン症などが発生するリスクが高まりますが、検査を受けるとあらかじめ異常のない受精卵を選ぶことが可能となります。

 

日本では着床前診断を受けるために申請と認可が必要になりますが、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムであれば、基本的に誰でも検査の対象となります。高確率で男女産み分けができるという特徴もあるため、ご興味のある方は詳しく調べてみても良いかもしれません。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事