サイド_ボタン

不妊治療の検査はどんな流れ?検査を受ける時期や内容をご紹介

不妊治療を始める前には、まず検査を受けることになります。検査を受けて、原因を考慮した不妊治療が進められます。今回は、不妊治療を始める時期、不妊と年齢の関係、実際の検査や治療の流れについてご紹介します。不妊治療にご興味のある方はご参考にしてください。

不妊治療の検査を考え始める時期とは

「不妊症」と診断されるのは、通常の夫婦生活を送っていて、1年間子供を授からない場合です。1年間、子供ができなければ、不妊の検査や治療を考え始めても良いということになります。

 

ただし、不妊治療を受けるまでに必ずしも1年間待つ必要はなく、「不妊症かもしれない」と感じたときに検査を受けることは可能です。検査の時期については、ご夫婦で相談しながら決めましょう。

 

結婚して一定期間子供を授からなかった方だけでなく、まずは自分が妊娠できるかどうか知っておくために不妊の検査を受ける場合もあります。年齢や状況、結婚しているかどうかにかかわらず、ご希望があれば不妊の検査を受けることができます。

 

不妊と年齢の関係

不妊の割合は、女性の年齢が25〜29歳のときに8.9%となります。20代という若い世代でも、不妊はそれほど珍しいことではありません。

 

年齢を重ねるにつれて、妊娠する力が低下していくこともわかっています。不妊の割合は、30〜34歳で14.6%、35〜39歳で21.9%、40〜44歳で28.9%とされており、年齢が高くなるほど不妊になる確率が上がります。

 

個人差はあるものの、高齢出産を予定している方では妊娠しにくい状態となります。したがって、不妊の可能性を考えて、検査や治療を受け始める時期を早めるなどの工夫をすることもできます。

 

不妊治療における検査の内容と流れ

女性側と男性側のどちらにも不妊の可能性はあります。そして、双方に不妊の原因がある場合も存在するため、不妊の検査はご夫婦で受けることになります。

 

女性の場合は、内診や経膣超音波検査で子宮内膜症、子宮筋腫などの病気の有無を検査します。また、卵管に詰まりがないか、子宮内の形態に異常がないかを調べます。女性ホルモンの分泌について調べるための血液検査を行う場合もあります。

 

排卵日の数日前から排卵日頃に、検査当日または前夜に性交を行い、子宮口などの粘液を採取する、フーナーテストという検査もあります。この検査で、精子が動いていないか、見つからないときには、粘液によって精子の通過が妨げられている可能性があるとされています。

 

男性の場合は、精液の検査が中心となります。精子を採取し、精子の数や運動率、奇形率などについて検査を進めていきます。

 

着床率向上のために着床前診断を受ける選択肢も

不妊治療には、人の力を借りて精子を子宮に注入する「人工授精」や、体の外で人工的に受精させる「体外受精」などの方法があり、顕微鏡下で精子を1匹捕まえて卵子に受精させる「顕微受精」という不妊治療もあります。

 

不妊治療の費用は施設にもよりますが、人工授精は2〜3万円、体外受精や顕微受精は30〜60万円ほどが目安です。いずれも1回あたりの費用となります。

 

このような方法で受精卵を得ることができても、その受精卵に染色体異常があれば、着床しにくい状態になります。染色体異常のある受精卵では、着床しにくく、着床できたとしても流産しやすいという特徴があるためです。

 

不妊治療として体外受精や顕微受精を行った場合、得られた受精卵の異常を調べる、着床前診断という検査を検討することができます。着床前診断とは、受精卵の遺伝子、染色体の異常について検査を行い、異常がないと確認された受精卵を子宮に戻す技術のことです。

 

日本国内で着床前診断を受けるためには、学会によって定められている条件を満たす必要があります。過去に流産を繰り返していたり、重篤な病気が赤ちゃんに遺伝する可能性があったりする場合に、学会から認可されれば検査を受けることができます。

 

しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムでは、そのような制限が設けられていません。CGLの着床前診断では、米国のCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社に受精卵を輸送して検査を行う流れとなり、特別な申請や認可が必要ないのです。もちろん、この仕組みに違法性はありません。

 

検査を行う米国の機関は、着床前診断を受けてから着床させることによって、着床率が28%から70%に上がったと報告しています。なお、希望の性別の子供が生まれる受精卵を子宮に戻すことによって、高確率で産み分けが可能となります(統計上98%以上とされています)。

 

不妊治療の検査結果にもよりますが、体外受精や顕微受精を検討している場合は、CGLの着床前診断についても調べてみてはいかがでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事