サイド_ボタン

不妊治療の種類や方法とは?不妊治療のメリット・デメリットも解説

晩婚化などの社会的背景から、不妊で悩むご夫婦が増加してきました。「不妊治療」という言葉もすっかり浸透してきましたが、具体的にどのような種類や方法があるのでしょうか。不妊治療のメリットやデメリットについても詳しく解説していきます。

不妊治療の種類と方法とは

タイミング法

不妊治療では、排卵日を正確にとらえ、妊娠しやすい時期に性交できるように指導する「タイミング法」から始めることが多いです。基礎体温などからある程度排卵日を予測することはできますが、不妊治療では、超音波検査で卵胞の大きさを調べる方法などを通して、性交のタイミングを検討します。

人工授精

人工授精は、男性の精液を採取して、子宮の中に人工的に注入する治療法となります。精子の数が少なかったり、運動性が乏しかったりする場合には、精液を注入する過程だけ人の手を借ります。女性の頸管粘液の分泌が少ない場合にも、この方法を選択することがあります。

体外受精

体外受精では、採取した卵子に精子をかけて受精するのを待ち、得られた受精卵を子宮に戻して、着床に至る方法となります。

顕微受精

顕微受精の場合は、卵子に精子をかけるのではなく、顕微鏡下で精子を1匹だけ卵子に人工的に注入させます。体外受精の一種ですが、顕微受精では自然な受精を待たないため、方法に違いがあります。

 

不妊治療の方法の決め方について

不妊治療の前には、ご夫婦で検査を受けていただき、それに応じて方法を決定していくことになります。不妊といえば、女性側の問題のように思われてしまいがちですが、男性側に原因がある場合もあります。

 

ただ、検査では不妊の原因がわからないこともあれば、原因がわかったとしても有効な治療法が特定できない場合もあります。

 

不妊治療にはいくつかの方法がありますが、段階を追って高度な治療法へとステップアップしていくことが一般的です。タイミング法や人工授精で結果が得られない場合は、より高度な治療である体外受精、顕微授精に移行していきます。

 

どの治療を何回試すか、どれくらいの期間継続するかは場合によって異なりますが、基本的に負担の少ない方法から始めていく点は共通しています。

 

不妊治療のそれぞれのメリット・デメリットとは

不妊治療を進める過程で、子宮内膜症などの病気が発見されることがあります。不妊の原因を探す過程で病気を発見でき、治療も同時に進めていけることはメリットといえるでしょう。

 

一方、体外受精などの方法で受精卵を得ても、それが必ず着床すると限らないことはデメリットです。繰り返し体外受精を行えば、その分、必要な費用が増えていくため、経済的にも負担となってしまいます。

 

タイミング法や人工授精よりも高度な体外受精であっても、1回の治療で赤ちゃんを授かることができるわけではありません。また、受精卵に異常があるかどうかまで調べることはできないため、染色体異常があれば、流産やダウン症候群などの発生につながる可能性もあります。

 

不妊治療の方法のひとつとして着床前診断も視野に

着床前診断とは、体外受精で得た受精卵の染色体、遺伝子の異常を調べ、異常のない受精卵で着床に至る技術のことです。受精卵に染色体異常があれば着床しにくく、流産しやすい状態になりますが、この方法であればリスクを軽減できます。

 

不妊治療の中で体外受精を受ける場合は、着床率を上げるために、着床前診断を受けるという選択肢もあります。

 

日本で着床前診断を受けることができるのは、流産を繰り返している人や、重篤な遺伝病が赤ちゃんに遺伝する可能性がある人に限られています。

 

しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断は、CGLが米国の著名な検査機関に受精卵を輸送する仕組みを整備しているため、誰でも受けられるプログラムとなっています。

 

検査を行うCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社は、年間数万件の検査実績を有します。そして、同社では体外受精で得た受精卵の着床率が高まると報告しており、受精卵1個あたり28%から70%以上になるとしています。

 

加えて、CGLの着床前診断では、高い確率で男女の性別を産み分けできる点も特徴的です(※統計上98%以上といわれています)。日本国内の一般的な着床前診断では産み分けができないため、赤ちゃんに希望する性別がある場合にも検討してみると良いでしょう。

 

不妊治療の方法として体外受精や顕微受精を検討している場合は、CGLの着床前診断について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事