サイド_ボタン

不妊治療を始める年齢は?高齢出産で検討したい着床前診断の特徴も解説

不妊治療を始める年齢として、目安になるのは何歳からなのでしょうか。高齢出産を予定しているご夫婦にとっては、不妊などのリスクが心配に感じられることもあるでしょう。今回は、不妊治療を受け始める年齢の考え方について解説します。

不妊症とは

不妊症とは、通常の性生活を継続して、一定期間赤ちゃんを授からない状態のことです。一定期間が指す範囲は、一般的に1年間とされています。つまり、1年が経っても赤ちゃんを授からなければ、不妊症と診断されることになります。

 

不妊の原因は女性側にあるというイメージをお持ちの方もいますが、男性側の原因もあります。女性の場合は、排卵がない、卵管が詰まっている、頸管の粘液が少ないなど、さまざまな原因があります。男性の場合は、精子の数や運動率が乏しいといった要因の他、勃起障害や膣内射精障害などが影響するケースも存在します。

 

何歳から不妊症になるのか

「何歳から不妊症になる」ということは一概にいえず、若い世代であっても不妊で悩む方はいます。女性の年齢が25〜29歳では8.9%の人が不妊であり、高齢になればなるほど、不妊症になる可能性は高くなっていきます。

 

30〜34歳では14.6%、35〜39歳では21.9%という割合で不妊になります。そして、40〜44歳では28.9%となり、30代、40代と年齢を重ねるにつれて不妊症の割合は増加していきます。特に35歳以降には妊娠する力が弱くなり、40歳をすぎる頃には急速に低下すると考えられています。

 

男性側の精子についても、年齢を重ねると劣化していくことがわかってきています。精子の量が減り、運動率が低下し、奇形率が上がると、不妊に陥りやすくなります。個人差もありますが、年齢とともに精子の質が低下していくと認識しておきましょう。

 

不妊治療を始める年齢とは

不妊症の定義をふまえて、1年間子供ができなければ検査や治療を開始する方が多い傾向にあります。ただ、不妊治療は、年齢にかかわらず、「治療を始めてみよう」と思ったときに受けることが可能です。

 

高齢出産であれば、妊娠を待っている間にも刻一刻と年を重ねていきます。1年という期間を待つだけで過ごすよりも、不妊の可能性を考え、早めに動き始めることも方法です。たとえば、半年間子供を授からなかった時点で検査を受けて、不妊治療を開始するなど、ご夫婦で話し合っておくと良いでしょう。

 

そして、年齢が若くても、不妊の原因が隠れていることがあります。20代でも不妊に悩まされる人はいるため、年齢が若いからといって油断はできません。不安があれば、1年間待ってから検査を受けるのではなく、それよりも早い段階で医療機関に足を運んでも問題ありません。

 

不妊治療も考える年齢の場合は着床前診断を受ける選択肢も

不妊治療には、性交のタイミングを調整する「タイミング法」や、精子を子宮内に注入する「人工授精」など、比較的簡便に実施できる方法もあります。不妊治療では、徐々に段階を踏んで内容を見直していくことが基本となります。

 

不妊治療では体外受精、顕微授精を行うこともありますが、そこで得られた受精卵をそのまま子宮に戻しても、染色体異常があれば着床しにくくなります。そして、受精卵に染色体異常があると、流産しやすくなるという側面もあります。

 

着床前診断という検査では、体外受精や顕微授精で得た受精卵について、遺伝子と染色体の異常を調べることができます。検査で異常が認められなかった受精卵で着床させることによって、着床率を上げ、流産を防ぐという目的があります。

 

不妊治療を考える人や、高齢出産を予定している人にとっては、着床前診断は受けてみたいと思える検査かもしれません。しかし、日本で検査を受けられる対象は、これまでに流産を繰り返している人や、重い遺伝病が子供に遺伝するリスクがある人と制限されています。着床率を上げることを目的とした検査ですが、不妊治療に取り組むすべての人が受けられるわけではありません。

 

株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムは、米国の検査機関に受精卵を輸送する仕組みを採用しています。そのため、日本国内にいながらにして、希望者が検査を受けられる体制が整えられています。

 

検査を行う機関は米国のCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社であり、年間数万件の実績を有します。同社は、着床前診断によって受精卵の着床率が28%から70%以上に増加すると報告しています。

 

また、CGLの着床前診断では、高確率で男の子と女の子を産み分けることができます。性別を決める染色体の情報から、希望の性別の赤ちゃんが生まれる受精卵を選ぶことで、統計上98%以上の確率で産み分けできるとされています。

 

高い年齢で妊娠や出産を予定している方や、染色体異常の影響について不安がある方は、CGLの着床前診断を視野に入れてみてはどうでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事