サイド_ボタン

何歳から高齢出産になる?高齢出産のリスクについても解説

女性の社会進出とともに高齢出産が増えているという話はよく耳にするでしょう。今や30代、40代での出産も珍しいことではなくなりましたが、何歳から高齢出産になるのか、ご存じではない方も少なくありません。今回は高齢出産が何歳からなのかについての定義や、発生するリスクについてお伝えしていきます。

高齢出産は何歳から?

日本産科婦人科学会では、35歳以上で初産婦となる場合を高齢出産と定義しています。初産婦とは、初めて出産する妊婦さんのことです。一般的には35歳を過ぎてからの出産であれば、すべて高齢出産に該当すると認識している方も多いですが、実際の定義では初産婦であることが示されています。

 

1990年以前には、30歳以上の初産婦の場合が高齢出産とされていましたが、現在では基準が変わり、年齢が引き上げられています。「何歳から」という定義が変わった背景には、35歳以上での出産が増加している社会的な要因などがあります。

 

2人目、3人目を出産するときには、何歳から高齢出産と呼ばれるのでしょうか?国際産科婦人科連合では、35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦について高齢出産と定義しています。この定義に当てはめると、2人目、3人目の出産を40歳以上で経験する場合は、高齢出産ととらえることもできます。

 

高齢出産によるリスクとは

女性の卵子は加齢により老化、減少していくので、30歳頃から徐々に自然妊娠率が低下するといわれています。年齢が上がるにつれて不妊に悩む方も増えていきますが、その一因として卵子の老化と減少が挙げられるのです。

 

また、女性が35歳以上になると、染色体異常による流産のリスクが上がることもわかっています。若い女性の卵子にも染色体異常は発生しますが、年齢とともにその割合が増えていくため、結果的に流産のリスクも上昇していきます。

 

染色体異常のある受精卵では、妊娠や出産に至ることができない場合が多いですが、赤ちゃんを出産できた場合には、ダウン症候群などの染色体異常がある子供が生まれやすくなります。染色体異常に起因する病気はダウン症候群だけでなく、パトー症候群やエドワーズ症候群などもありますが、こちらも高齢出産では発生率が高まるといわれています。

 

高齢出産のリスクを避けるには

結婚や妊娠の前に、キャリアや自分の時間を大切にしたいという女性も増えており、それも人生における選択肢です。ただ、いずれ子供を授かりたいという気持ちがあり、高齢出産に伴うリスクが心配であれば、少しでも若いうちに出産することを検討してみましょう。何歳からの妊娠、出産であっても染色体異常のリスクはありますが、年齢が低い方がリスクは少なくなります。

 

しかし、現実的にはさまざまな理由から結婚や出産のタイミングが遅くなることもあります。何歳で結婚して、何歳から子育てをするのか、計画した通りにはいかないこともあるでしょう。

 

高齢出産を予定していて不安な気持ちがある方は、「着床前診断」という検査を受けてリスクを減らすことも可能です。着床前診断とは、受精卵のうちに遺伝子や染色体の異常を調べ、異常が見つからなかった受精卵を子宮に戻して着床させる技術のことです。染色体異常によって発生する病気や流産の可能性を減らすとともに、着床率が上がるという利点もあります。

 

産み分けもできるCGLの着床前診断とは

高齢出産ではリスクがあるといわれていますが、実際には若い女性でも流産をすることはありますし、ダウン症候群などの病気の子供を授かる可能性もあります。何歳からの妊娠、出産であっても、人によっては不安な気持ちを抱えてしまうものです。

 

着床前診断を受ければそうした不安を解消できますが、日本国内では誰でも検査を受けられる状況にはなっていません。検査対象は過去に繰り返し流産した経験のある方や、遺伝子疾患が子供に遺伝する可能性のある方などに制限されています。臨床研究でも対象者の年齢が35〜42歳に制限されています。

 

しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムは、基本的に希望する方が誰でも受けられる検査です。日本の医療機関で得た受精卵または培養したDNAを米国の検査機関に輸送する仕組みになっているためです。高齢出産の方はもちろん、若い方も対象となり、何歳からであっても検査を受けることが可能となります。

 

加えて、日本国内の医療機関では着床前診断で男女の産み分けができない決まりになっていますが、検査を米国で行うCGLであれば、違法性なく希望の性別の赤ちゃんを授かることが可能です。数ある産み分け方法の中でも、高い確率(統計上98%以上といわれています)で成功するのです。

 

高齢出産に伴うリスクが心配な方には、若いうちに出産を計画することのほかに、CGLの着床前診断を受けるという選択肢もあります。何歳からであっても検査対象となるため、不安な気持ちがあるときは検討してみてはいかがでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事