サイド_ボタン

女の子や男の子の産み分けはタイミングで決まる?気になる排卵日と産み分けの関係を解説!

ドクター画像

コラム監修医師
CGLメディカルアドバイザー

マークW.サリー博士
Mark W. Surrey, M.D.

UCLA Clinical Professor

生殖内分泌学者

不妊治療専門医

UCLA医療センターで研修医として勤務後、ロンドン大学、ハマースミス病院で生殖内分泌学および不妊治療の研究に携わり、ロンドン大学とメルボルンのモナッシュ大学で着床前診断の研究を行ってきました。 米国の主要な学会であるAmerican Association of Gynecologic Laparoscopists(AAGL)、 Pacific Coast Reproductive Societyで会長を務めた経験もあり、“Best Doctors in America“のTOP100人の一人に選出されています。

多才な実績はロサンゼルスタイムズやCNN、Fox、CBS、ABC、NBCなど多くのメディアで紹介されています。

ご夫婦によって、「女の子がほしい」「2人目は男の子がほしい」など、さまざまな思いをお持ちのことでしょう。希望の性別の子供を授かる確率を上げるために、排卵日を計算して産み分けるという対策をする方もいます。今回は、排卵日と産み分けの関係について解説していきます。

排卵日を把握して産み分ける方法と、赤ちゃんの性別を決める要素

赤ちゃんの性別は、“性染色体”という染色体の組み合わせによって決定します。性染色体は2本で1対となっていますが、その組み合わせがXXのときに女の子が、XYのときに男の子が生まれます。

 

この組み合わせを決める要因の一つが、精子の種類です。女の子が生まれるX染色体を持つ精子(X精子)、男の子が生まれるY染色体を持つ精子(Y精子)がありますが、それぞれ特徴は異なります。

 

X精子は寿命が2〜3日と比較的長く、さらに酸性に強い性質があります。一方、Y精子は寿命がわずか1日であり、逆にアルカリ性には強いという違いがあるのです。

 

また、膣内の環境は通常酸性になっているので、普段はX精子が活動しやすい環境になります。しかし、排卵日にはアルカリ性に傾くため、Y精子が活発に動く状態になります。このような違いを活かして、排卵日を基準に性交のタイミングを調整することで産み分けを試みる方もいます。

 

排卵日を利用して女の子や男の子を産み分けるには?

男の子を授かりたい方では、Y精子が活発になる排卵日に性交を行う方法がよく用いられます。また、リンカルというカルシウム製剤を内服する方法があり、妊娠前にこれを飲んでおくことで、男の子が生まれやすくなるといわれています。こちらは長く用いられていますが、作用の効果のほどは明らかになっていません。

 

一方、女の子の産み分けを目指す方は“排卵日の2〜3日前”を目処にして性交をすると、産み分けの確率が上がることが期待できます。膣を酸性に傾ける産み分けゼリーもあり、“ピンクゼリー”と呼ばれています。性交時にこのゼリーを使用することで、X精子が活動しやすい膣内環境になり、女の子が生まれる確率が上がると考えられています。

 

ほかには、13世紀に作られた中国式産み分けカレンダーがあり、受胎月と母体の年齢から男の子と女の子が生まれる可能性を探ります。インターネット上の情報をみると、的中率は90%という説もあれば、60〜75%という説もあり、どれも確かな根拠や精度についてはわかっていません。

 

このように、排卵日を基準に性交をするタイミングを調整したり、産み分けの道具やカレンダーを用いたりと、さまざまな方法が実践されています。ただ、これらは少しでも産み分けの確率を高めたい人が使える方法であり、100%産み分けが成功するわけではないということを認識しておきましょう。

 

男の子と女の子の産み分けに食べ物は関係ある?

男の子と女の子の産み分け目的で、食べ物を工夫しているご夫婦もいます。女の子がほしいなら酸性に、男の子がほしいならアルカリ性に膣内環境を傾ける必要がありますが、これを食べ物によってコントロールしようという考え方です。

 

しかし、食べ物によって体内の酸性濃度が一時的に変化したとしても、体には恒常性が備わっており、一定の状態に保とうとする働きがあります。したがって、食べ物によって体が酸性に傾いたり、アルカリ性に傾いたりすることが、産み分けに影響するという確証はありません。

 

男の子を産み分けたい場合、女性はアルカリ性の食品を、男性は酸性の食品を食べます。逆に、女の子を産み分けたい場合、女性は酸性の食品を、男性はアルカリ性の食品を食べると良いと信じられています。アルカリ性の食品とは野菜は果物、海藻などのことであり、酸性の食品とは肉や魚を指します。

 

食べ物による産み分けには医学的根拠がなく、気休め程度にはなりますが、興味がある方はどのような食品が選ばれているかを知り、参考にしてみても良いかもしれません。

 

排卵日計算を正確に把握するには?便利なツールもご紹介

産み分けの確率を上げたい人にとって、排卵日を正確に把握することは必須になるでしょう。妊娠しやすい期間の把握には“オギノ式”という方法がよく用いられます。これは過去6カ月間の月経周期をもとに、月経予定日より12〜19日前の期間を妊娠しやすい時期ととらえるものです。

 

ただ、オギノ式では排卵日を特定することは難しいため、補助的な位置づけで使われることが増えてきました。

 

排卵日を予測したい方は、基礎体温を記録することを習慣化してみましょう。毎朝目が覚めたらベッドの中で体温を測り、その変化を追っていくことで排卵日を予測できます。最近では排卵日を自動計算するためのアプリやサイトもあるため、こうした便利なツールを活用してみてください。

 

より正確に排卵日を知りたい方は、薬局等で販売されている排卵検査薬を使うという選択肢もあります。これは排卵日の直前に急増する黄体形成ホルモンを検知することで、排卵日を把握できるものです。基礎体温のチェックを行いつつ、こちらも併用してみると良いでしょう。排卵日計算の精度が少しでも上がるよう、できる工夫をしていきましょう。

 

理想の産み分けを実現可能な、CGL着床前診断プログラムについて

産み分けの確率を上げるために、自分でできる取り組みはいくつもあります。しかし、どの方法も100%とはいえないため、どうしても産み分けを成功させたい方は“着床前診断”を活用することもできます。受精卵の段階で遺伝子や染色体の異常を調べる方法ですが、性別を決める染色体についても調べることが可能なのです。

 

日本国内では男女の産み分けが目的の着床前診断は行えないことになっていますが、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)という会社の着床前診断プログラムであれば産み分けも可能です。希望の性の子供が生まれる受精卵を子宮に戻せば、数ある産み分け法の中で最も高い確率(統計上98%以上と言われています。)で産み分けが実現できるという仕組みとなっています。

 

CGLでは米国の研究所に受精卵または受精卵から抽出したDNAを輸送する方法で着床前診断を実施していますので、ご夫婦が海外に渡航する必要はありません。排卵日に応じた産み分けだけでは確実な方法ではないため、男女の産み分けに対して強い希望をお持ちの場合、検討してみても良いかもしれません。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事