サイド_ボタン

女の子を産み分ける仕組みと方法と一般的な成功率とは?

「女の子を産み分けたい」というご希望をお持ち場合、どんな方法であれば成功率が上がるのでしょうか。女の子を産み分ける確率を上げるためには、産み分けの仕組みや方法に関する情報を収集したいところです。この記事では、女の子の産み分け方法をテーマに解説していきます。

女の子を産み分ける仕組みとは?

赤ちゃんの性別を決めるのは、性染色体と呼ばれる1組の染色体です。性染色体は、X染色体とY染色体で構成されており、組み合わせがXXのときに女の子が、XYのときに男の子が生まれます。

 

卵子にはX染色体がありますが、精子にはX精子とY精子があり、どちらの精子で受精するかが子供の性別を左右します。

 

2種類の精子では、それぞれ活動しやすい環境や寿命に違いがあります。X精子は酸性に強く、寿命は約2〜3日と長い一方で、Y精子はアルカリ性に強く、寿命は約24時間と短いのです。

 

女の子を産み分けたい場合には、X精子が活動しやすいように、膣内環境が酸性のときに性交する方法が用いられています。また、精子の寿命が長い特性を活かして性交のタイミングを調整する方法も存在します。

 

女の子が生まれる確率は約5割ですが、これらの方法によって産み分けの成功率が約8割になると考えられています。成功率は目安となりますが、参考にしてみてください。

 

女の子を産み分けるための具体的な方法について

女の子を産み分けるための具体的な方法には、さまざまなものがあります。女の子を産み分けるには、X精子が活動しやすいように、膣内を酸性に傾ける方法が用いられます。

 

女の子や男の子を産み分けるための「産み分けゼリー」というものが販売されており、女の子を産み分けるためのゼリーは「ピンクゼリー」と呼ばれています。性交時にピンクゼリーを膣内に注入すると、X精子で受精する確率が上がるという考え方に基づいています。

 

基本的に産み分けゼリーは天然成分でできているために安全といわれていますが、成分が公開されていないものは使用を避けるほうが無難でしょう。

 

また、排卵日を起点として2日前に性交を行う方法も、女の子を産み分けるための手段として用いられています。女の子が生まれるX精子は寿命が2〜3日であるため、排卵日まで生き残ることができる確率が高いことが理由です。

 

一方、男の子が生まれるY精子は寿命が短いため、男の子を希望する場合は排卵日に性交を行うと成功率が上がると考えられています。

 

食べ物や「カレンダー」などの方法による女の子の産み分けは可能?

X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いという特徴から、女の子がほしいときは酢、トマト、みかんなどの酸味のある食べ物で成功率が上がると考える人もいます。

 

しかし、体内の酸性濃度は生理機能によってコントロールされており、食べ物を工夫する方法によって、膣内を酸性やアルカリ性に傾けることは困難です。

 

また、中国式カレンダーを用いた産み分け方法もあり、受胎月と妊婦の年齢(数え年)をもとにして、どちらの性別の子供が生まれるかを計算します。古代中国の出生記録に基づいているといわれていますが、確かな方法ではありません。

 

女の子の産み分けにつながる方法のうち、ジンクスや占いのようなものはいくつかあります。これらの方法で産み分けできるかどうかは科学的に証明されていないものの、広く実践されています。

 

CGLの着床前診断プログラムによる女の子の産み分け

女の子の産み分け方法として家庭で実践できることもありますが、どれも確実な方法ではありません。「どうしても女の子がほしい」という希望があるときは、より確かな産み分け方法を視野に入れてみても良いでしょう。

 

着床前診断は、体外受精で得た受精卵の染色体異常を調べる検査です。染色体異常を調べ、流産や異常が生じにくい受精卵を子宮に戻すことができるという利点があります。

 

性別を決める染色体の情報から、希望する性別の赤ちゃんが生まれる受精卵を選んで、妊娠や出産に至ることも可能です。

 

日本では男女の産み分け方法として着床前診断を受けることはできませんが、海外に渡航するとなれば、時間、お金、労力が必要となってしまいます。

 

しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)という会社の着床前診断であれば、日本国内で検査を受けることができ、男女の産み分けも高い確率(統計上98%以上と言われています。)で実現します。この会社の着床前診断では、国内で行った体外受精の受精卵または受精卵から採取した細胞のDNAを増幅して米国のクーパーゲノミクス社に輸送する仕組みを採用しているためです。

 

より確実な女の子の産み分け方法をお探しの場合は、CGLのプログラムについて調べてみては良いのではないでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事