サイド_ボタン

希望の性別を産み分ける方法とは?産み分けゼリーから着床前診断までさまざまな方法をご紹介

希望の性別の赤ちゃんを産み分けるために実践できる方法には、どんなものがあるのでしょうか?今回は、男女の産み分けを目的とした取り組みについてご紹介します。希望の性別があるときは、少しでも産み分けの確率を上げるため、参考にしてみてください。

産み分けゼリーで希望の性別を産み分ける

希望の性別の赤ちゃんを産み分けるために、産み分けゼリーというものが使われています。産み分けのために作られたゼリーを用いて膣内の酸性濃度をコントロールすると、希望の性別の赤ちゃんが生まれる確率を高めることができるといわれています。

 

精子にはX精子とY精子の2種類があり、X精子で受精すれば女の子が、Y精子で受精すれば男の子が生まれます。それぞれの精子で活動しやすくなる酸性濃度には違いがあり、X精子は酸性、Y精子はアルカリ性の環境に強いことがわかっています。

 

この特徴をふまえ、産み分けゼリーで希望の性別の赤ちゃんが生まれる精子が活動しやすくなるような膣内環境に調整していきます。

 

女の子がほしい場合は酸性に傾くピンクゼリーを、男の子がほしい場合はアルカリ性に傾くグリーンゼリーを使用して、膣内の状態をコントロールします。産み分けゼリーを使えば確実に希望の性別の赤ちゃんを授かるわけではありませんが、少しでも産み分けの確率を上げたいご夫婦がゼリーを使用しています。

 

産み分けゼリーは性交時に膣内に注入して使用するものであり、注入したあとは膣内からこぼれ落ちやすいため、体の角度などを工夫してみると良いでしょう。

 

排卵日を参考にして希望の性別を産み分ける

女性の膣内は基本的に酸性の状態を保っていますが、排卵日には膣内の酸性度が弱まり、アルカリ性に近づくといわれています。そのため、膣内がアルカリ性に傾く排卵日に性交を行うと、男の子が生まれるY精子に有利な条件となります。

 

逆に女の子を授かりたい場合は、排卵日の2日前に性交を行うことで確率が上がるといわれています。この時点では膣内がまだ酸性であり、女の子が生まれるX精子が活動しやすいためです。

 

また、Y精子の寿命が1日しかないのに対し、X精子の寿命は2〜3日と比較的長いです。排卵日の2日前に性交を行えば、寿命の短いY精子の多くは排卵を待つまでの間に死んでしまいます。寿命の長いX精子が排卵日まで生き残り、うまく受精に至れば女の子の産み分けにつながるのです。

 

排卵日を参考にして希望の性別を産み分ける場合も確実な方法ではないため、予想とは違う性別の赤ちゃんを授かる可能性もあります。先にご紹介した産み分けゼリーの使用とあわせて実践することで、産み分けの確率がより高まる可能性はあります。

 

パーコール法で希望の性別を産み分ける

医療機関で行える産み分け方法としては、パーコール法がよく知られています。パーコール法は人工授精のときに用いることができる方法であり、X精子とY精子で重さが違うという特徴を利用して、精子を入れた液体を遠心分離にかけます。

 

X精子の方がY精子よりも少し重く、遠心分離器の下に沈みやすいため、女の子がほしいときは下方から精子を採取します。選別した精子で受精に至れば、希望の性別の赤ちゃんを授かる確率が高まりますが、100%成功するとは限りません。特にY染色体が多い層ではX染色体も混ざりやすいため、男の子の産み分けはあまり期待できないという見方もあります。

 

パーコール法は確かな方法ではないため、遠心分離にかけて精子を選んでも、希望の性別の子供を授かれない可能性があるのです。

 

高い精度で希望の性別を産み分けたい場合はCGLの着床前診断

子供の性別を産み分けるために実践されている方法はいくつかありますが、どれも確実に成功するとはいえないものです。より高い確率で希望の性別の赤ちゃんを産み分けたいご夫婦は、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムを検討する方法があります。

 

着床前診断とは、受精卵の段階で遺伝子や染色体の異常を調べる検査のことです。妊娠してから受ける出生前診断とは違い受精卵を調べるため、染色体異常による流産のリスクを減らし、着床率を上げることができるとされています。

 

受精卵の時点でどちらの性別の子供が生まれるか把握することも可能です。希望の性別の子供が生まれる受精卵を選別して着床に至ると、高確率で産み分けに成功します。

 

現状の産み分け法の中では最も精度が高い(統計上98%以上と言われています。)方法といわれていますが、日本では性別の産み分けを目的に着床前診断を実施できないことになっています。さらに、2018年から3年間にわたって実施される臨床研究では35〜42歳という年齢制限があり、過去に体外受精の失敗が3回以上、原因がわからない流産が2回以上あった方が対象となっています。

 

しかし、CGLの着床前診断であれば、年齢や条件などに制限がなく、男女の性別を産み分けることが目的であっても検査を受けることができます。受精卵または受精卵から採取した細胞に含まれるDNAを増幅して米国の研究所に輸送しますが、時間と手間をかけて海外に足を運ぶ必要はありません。

 

赤ちゃんの性別の産み分けについて強いご希望がある場合は、CGLで着床前診断を受けることを検討してみてはいかがでしょうか?

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事