サイド_ボタン

産み分けにはタイミングが重要! 自分で排卵日を予想する方法とは

ドクター画像

コラム監修医師
CGLメディカルアドバイザー

マークW.サリー博士
Mark W. Surrey, M.D.

UCLA Clinical Professor

生殖内分泌学者

不妊治療専門医

UCLA医療センターで研修医として勤務後、ロンドン大学、ハマースミス病院で生殖内分泌学および不妊治療の研究に携わり、ロンドン大学とメルボルンのモナッシュ大学で着床前診断の研究を行ってきました。 米国の主要な学会であるAmerican Association of Gynecologic Laparoscopists(AAGL)、 Pacific Coast Reproductive Societyで会長を務めた経験もあり、“Best Doctors in America“のTOP100人の一人に選出されています。

多才な実績はロサンゼルスタイムズやCNN、Fox、CBS、ABC、NBCなど多くのメディアで紹介されています。

赤ちゃんの性別を希望に応じて産み分けるには、性交渉のタイミングが重要といわれています。今回は、産み分けに性交渉のタイミングを考えるべき理由や、自分で排卵日を予想する方法について解説します。産み分けの確率を少しでも上げたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

性交渉のタイミングに気をつけよう

生まれる子供の性別は、受精する精子の種類によって決定します。精子にはX染色体を持つ「X精子」、Y染色体を持つ「Y精子」という2つの種類があるのです。卵子にはX染色体があり、精子の染色体との組み合わせがXXのときに女の子、XYのときに男の子が生まれる仕組みになっています。

 

2種類の精子があるため、女の子がほしいならX精子、男の子がほしいならY精子が活動しやすくなるような条件を考えていくことが重要となります。X精子は酸性に強く、寿命が2〜3日と長いですが、Y精子はアルカリ性に強く、寿命は1日しかありません。この違いに対応した取り組みによって、産み分けの確率を上げることができると考えられています。

 

男の子を希望される場合、性交渉のタイミングを排卵日当日にすると、膣内がアルカリ性に傾くのでY精子が活動しやすくなります。一方、女の子がほしいときは、排卵日の2日前というタイミングで性交渉をすることがポイントになります。酸性の膣内でX精子が活動しやすくなり、かつX精子は寿命が長く排卵日まで生き残りやすいためです。

 

このように、X精子とY精子の特徴、排卵日を起点とした膣内環境の変化をふまえた産み分けが広く実践されています。性交渉のタイミングを調整することによって、産み分けの可能性を高める一助となるでしょう。

 

基礎体温表で排卵のタイミングを予想して産み分ける

男女の産み分けを試みるとき、性交渉のタイミングを調整するには、排卵日を正確にとらえることが大切になります。排卵日の把握には、基礎体温の記録が役立ちます。

 

毎日決まった時間に基礎体温を測って記録していくと、「低温期」と「高温期」という2つのサイクルがあることがわかります。排卵する可能性が高いのは、最低の基礎体温だった日の翌日となります。ただ、基礎体温だけで排卵日を正確に予測することは難しいため、目安を知る手段として活用しましょう。

 

排卵日予測検査薬でタイミングを予想して産み分ける

排卵日を把握したいときは、薬局や通販で購入して使える検査薬を活用する方法もあります。排卵日予測検査薬は尿をかけて使いますが、これは尿に含まれる黄体化ホルモンを検出するためです。排卵日の前には黄体化ホルモンの分泌が増加しますが、約30〜40時間後に排卵が起こると考えられているのです。

 

排卵日や性交渉のタイミングをとらえる際には役立ちますが、あくまでも予測にすぎないため、少しずれてしまう可能性はあります。先にご紹介した基礎体温の記録とあわせて取り組み、できるだけ正確に産み分けのタイミングをとらえていくことが望ましいです。これらの方法は、家庭で手軽に実践できる点がメリットといえます。

 

女の子と男の子の産み分け成功率を高める方法

 

排卵日を正確に把握して、性交渉のタイミングを調整する方法は、家庭でも実践しやすいアプローチの一つです。それ以外にも、女の子と男の子を産み分けるための方法はいくつかあります。

 

男の子の産み分けに関しては、リンカルというサプリメントを服用することによって、成功率が上がるとされています。詳しいメカニズムはわかっていませんが、実際に男の子が多く生まれたという結果があり、産み分け指導を行う病院でも処方されることがあります。

 

また、性交時に膣内に注入して使用する産み分けゼリーというものもあります。女の子の産み分けには、膣内を酸性に傾けるピンクゼリーを使用します。男の子の産み分けには、逆に膣内をアルカリ性に傾けるグリーンゼリーを用います。

 

リンカル、産み分けゼリーともに、副作用などは報告されていません。赤ちゃんへの悪影響についても報告はないため、安心して使用できるでしょう。

 

少しでも成功率を上げたい場合、排卵日の把握や性交のタイミング調整といった取り組みのほか、これらの産み分け方法の実践も検討してみてはいかがでしょうか。

 

ほぼ確実に産み分けたいなら着床前診断も検討しよう

基礎体温や排卵日予測検査薬の結果から、性交渉のタイミングを調整することは一つの方法です。しかし、タイミングの調整だけで確実に産み分けが成功するかといえば、必ずしもそうではありません。

 

確実に男女を産み分けたいというご希望をお持ちの場合は、タイミングの調整に頼るのではなく、「着床前診断」を検討してみると良いかもしれません。

 

着床前診断とは、受精卵の染色体異常を調べる検査であり、着床率を上げ、流産の可能性を減らすことを目的としています。母体の年齢が上がるにつれて染色体異常のある受精卵の割合が増えるとされており、流産や染色体異常の可能性が高まります。そうしたリスクを回避するために、着床前診断が行われているのです。

 

着床前診断では染色体異常を調べるだけでなく、受精卵の段階で性別について知ることができます。希望する性別の子供が生まれる受精卵を子宮に戻すことによって、ほぼ確実な産み分けが実現します。着床前診断自体による母体への副作用はほぼなく、安全な産み分け方法といわれています。

 

日本でも着床前診断の臨床研究が行われていますが、男女の産み分けを目的とした検査は実施できないことになっています。米国などでは産み分けも可能ですが、国や地域によって違いがあります。

 

海外に渡航することなく、日本で着床前診断を受けて産み分けしたい方は、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)のプログラムを視野に入れてみると良いでしょう。こちらは日本の医療機関で体外受精を行い、その受精卵から取り出した細胞を米国の検査機関に輸送する体制となっています。

 

男女産み分けが目的の場合でも検査の対象となるため、ご興味のある方はCGLの着床前診断について詳しく調べてみてはいかがでしょうか?

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事