サイド_ボタン

産み分けゼリーの値段と産み分けできる確率について

ドクター画像

コラム監修医師
CGLメディカルアドバイザー

マークW.サリー博士
Mark W. Surrey, M.D.

UCLA Clinical Professor

生殖内分泌学者

不妊治療専門医

UCLA医療センターで研修医として勤務後、ロンドン大学、ハマースミス病院で生殖内分泌学および不妊治療の研究に携わり、ロンドン大学とメルボルンのモナッシュ大学で着床前診断の研究を行ってきました。 米国の主要な学会であるAmerican Association of Gynecologic Laparoscopists(AAGL)、 Pacific Coast Reproductive Societyで会長を務めた経験もあり、“Best Doctors in America“のTOP100人の一人に選出されています。

多才な実績はロサンゼルスタイムズやCNN、Fox、CBS、ABC、NBCなど多くのメディアで紹介されています。

赤ちゃんの性別について「できれば女の子がほしい」「2人目は男の子がほしい」など、ご夫婦によってご希望をお持ちのことも多いです。家庭で手軽に使える産み分けゼリーの値段はどれくらいなのでしょうか?今回は、産み分けゼリーの値段や産み分けの確率などについて解説します。

産み分けゼリーの値段はどれくらいか

産み分けゼリーとは、膣内を酸性やアルカリ性に傾ける作用があるゼリーのことです。なぜ膣内の酸性濃度を調整することで産み分けにつながるのでしょうか。また、産み分けゼリーの値段はどれくらいが目安となるのか確認していきましょう。

 

膣内の酸性濃度と産み分けの関係

女の子が生まれる精子は酸性に強い性質を持ち、逆に男の子が生まれる精子はアルカリ性に強い性質を持ちます。

 

2種類の精子が生き残りやすくなる酸性濃度が異なるため、産み分けゼリーで人為的に膣内環境をコントロールします。家庭で実践する産み分けでは膣内の酸性濃度を考慮する考え方が主流となっていますが、産み分けゼリーの使用もその一つに含まれます。

 

産み分けゼリーの値段

産み分けゼリーの値段は製品によっても幅がありますが、相場は1箱(5~10本入り)で約1万~1万5,000円になります。通販などで購入することも、産み分け指導を行う病院で処方してもらうことも可能です。

 

病院の場合は、産み分け指導が自由診療となるため、保険は使うことができません。病院によって産み分けゼリーの値段設定にはばらつきがあります。

産み分けゼリーの値段は決して高くはない

産み分けゼリーの値段は1箱単位で設定されていることが多いですが、1回あたりの値段を計算してみると、どのくらいになるのでしょうか?

 

メーカーにもよりますが、産み分けゼリーは1本1,500~2,000円ほどの値段になるため、高くて手を出せないということはありません。ただし1回使用しただけで妊娠できるとは限らず、継続して使用する必要があるため、何度も使えばゼリーにかかる値段も増えていきます。

 

産み分けが目的であれば、排卵日に近いタイミングで性交するときだけ産み分けゼリーを使うことになるでしょう。性交の回数にもよりますが、1本1,500円のゼリーが月に2〜3本ずつ減っていくと仮定すれば、1ヶ月に使うゼリーの値段はおよそ3,000〜4,500円となります。

 

産み分けのために何も対策をしなければ男女が生まれる確率はおよそ半分ずつになりますが、産み分けゼリーを使えば成功率が80%前後になるとうたっているものもあります。つまり、産み分けゼリーを使えば、自然妊娠のときと比較して産み分けの確率が約30%高くなる可能性があると考えることもできます。

 

実際には性交のタイミングなどの他の要因の影響も受けるため、一概にはいえませんが、少しでも産み分けの確率を上げるためにはゼリーの使用を検討しても良いかもしれません。

 

産み分けゼリーを使う以外の方法とは

 

産み分けゼリーを使ったからといって、必ず希望の性別の赤ちゃんを授かることができるとは限りません。そのため、いくつかの方法を組み合わせて、確率をあげようと試みる方もいます。

 

男の子を産み分けたい場合には、リンカルを飲むことで確率が上がるといわれています。リンカルとは、リン酸カルシウムのことで、産み分けを行う病院で処方されるケースもあります。リンカルの値段も病院によって違いがありますが、1ヶ月分で3,000円から3,500円程度が相場となります。

 

確実に産み分けしたい人は着床前診断を受ける方法も

産み分けゼリーは値段もそれほど高額でなく、手軽に使えるという利点がありますが、必ず産み分けが成功するわけではありません。「すでに男の子が3人いるので、次こそ女の子を授かりたい」など、産み分けに対して強いご希望がある場合は着床前診断を受ける方法もあります。

 

着床前診断とは、受精卵に含まれる染色体、遺伝子について調べる検査であり、異常の認められない卵を選んで妊娠に至る可能性を得るための技術です。

 

性別の決定に関与する性染色体についても調べるため、技術的には受精卵の段階で性別を知ることも可能となります。子供が希望する性別になる性染色体を含む受精卵で着床に至ると、高確率(統計上98%以上と言われています。)で産み分けることができるのです。

 

CGL着床前診断による男女の産み分けとは

着床前診断の規制は、国や地域によっても違いがあります。日本でも着床前診断の臨床研究は開始しており、少しずつ前に進んでいる状況ではありますが、まだすべての方が検査を受けられる仕組みにはなっていません。

 

日本の規制では産み分け目的で着床前診断を受けることはできず、対象も反復ART不成功や反復流産などの方に限られているのです。

 

しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムでは、日本でも男女産み分けを希望される方が受けることも可能です。このプログラムでは、米国の機関に受精卵または受精卵の細胞の一部から取り出して増幅したDNAが輸送されます。

 

この輸送体制によって、産み分けを望むご夫婦が海外に足を運ぶ必要なく、着床前診断を受けることが可能となります。

 

豊富な実績のある世界的な検査機関であるため、安心して着床前診断を受けることができます。

 

産み分けゼリーは値段も安くて手軽に使えますが、確実な手段ではないため、より産み分けの成功率を上げたい方はCGLの着床前診断を検討してみてはいかがでしょうか?

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事