サイド_ボタン

男の子、女の子の産み分けは可能?不可能?成功率の高い産み分け方法とは

これから妊娠や出産を予定しているご夫婦の中には、赤ちゃんの性別に関してご希望をお持ちの方もいるでしょう。男の子と女の子を産み分けることは不可能なのでしょうか。今回は、産み分けは可能なのか、それとも不可能なのか、産み分けできるとしたらどんな方法が用いられているのかを詳しく解説します。

男女産み分けは可能?それとも不可能?一般的な成功率とは

ヒトの場合、男女の性別を決定するのは “性染色体”と呼ばれる染色体の構成です。性染色体にはX染色体とY染色体がありますが、男女の性別によって構成には違いがあります。子供の性別は、性染色体の構成がXXのときに女の子になり、XYのときに男の子になります。

 

卵子はもともとX染色体しか持っていないため、受精する精子がX染色体とY染色体のどちらを有しているかによって、赤ちゃんの性別が左右されます。

 

X染色体を持つ精子は“X精子”、Y染色体を持つ精子は“Y精子”と呼ばれており、希望の性別の赤ちゃんが生まれる精子が働きやすい条件を考えることが産み分けの基本となります。

 

X精子は酸性に強く、寿命が2〜3日という特徴がありますが、Y精子はアルカリ性に強く、寿命は1日と短いです。一般的には、X精子とY精子の特徴をふまえて、性交日や膣内環境を調整する産み分け方法が用いられています。

 

産み分けのために何もしなければ男女が生まれる確率はおよそ半分ずつですが、産み分けを実践することで成功率は約8割になるといわれています。自力で確実に産み分けることは不可能ですが、確率を上げるために実践されている対策はあります。

 

産み分け方法にはいろいろな種類がある

一般的には、女の子がほしければX精子の寿命が長い特性を活用し、排卵日の2日前に性交を行うと確率が上がるといわれています。また、膣内は基本的に酸性ですが、排卵日にはアルカリ性に傾くという特徴もあります。そのような理由からも、排卵日当日ではなく、2日前に性交することが理想とされています。

 

一方、男の子がほしい場合には、逆にY精子が活用しやすい環境を考えていきます。Y精子は寿命が短いため、排卵日当日の性交が望ましいです。排卵日には膣内の酸性度が弱まるため、男の子を産み分けたいときには適したタイミングといわれています。

 

膣内の酸性濃度は排卵日に変化しますが、その濃度には個人差があります。したがって、膣内を酸性やアルカリ性に傾けるために産み分けゼリーを使い、性交時に膣に注入する方もいます。女の子を希望するときは酸性に傾くピンクゼリー、男の子を希望するときはアルカリ性に傾くグリーンゼリーが用いられています。

 

これらの方法を実践しても、完全に男女の産み分けをコントロールすることは不可能です。しかし、何もしないよりは産み分けの確率が上がる可能性はあるため、希望の性別がある方の間で広く実践されています。

 

食べ物による産み分けは不可能?産み分けにまつわるジンクス

食べ物を工夫することで男女の産み分けにつながるというジンクスもあります。女の子がほしいときは女性が酸性の食べ物を、男性がアルカリ性の食べ物を食べるようにすると、成功率が上がるとされています。男の子がほしい場合はその逆となり、女性がアルカリ性、男性が酸性のものを食べる方法が知られています。

 

しかし、食べたものが直接影響して体内のpHが酸性やアルカリ性に傾くことはありません。ヒトに備わる生理機能によって、体内のpHはバランスが保たれるためです。食べ物で産み分けを行うことは不可能といっても過言ではありませんが、ジンクスとして実践されています。

 

また、古代中国の出生記録から作られた産み分けカレンダーというものがあり、受胎日と母体の数え年からどちらの性別の子供が生まれるか予測できるとされています。出生記録に基づいており、当たるという方もいるため、産み分けが全く不可能であるとは断言できませんが、やはり科学的な根拠は乏しいです。

 

CGLの着床前診断プログラムによる産み分けとは?

家庭で実践できる産み分けはいろいろとありますが、現実的に不可能に近いと思われる方法も少なくありません。しかし、男女の産み分けが“不可能”というわけではなく、方法によってはほぼ確実に成功します。

 

着床前診断という検査では、受精卵の染色体異常を調べ、異常が認められなかった受精卵で妊娠に至ります。染色体異常がある受精卵では着床に至らなかったり、流産したりすることが多いため、それを回避する方法として恩恵があります。

 

着床前診断は受精卵の異常を調べる検査ですが、受精卵の段階でどちらの性別の赤ちゃんが生まれるか決まっています。女の子を希望するときはXX、男の子を希望するときはXYの染色体を有する受精卵を選んで子宮に戻すと、高い確率(統計上98%以上と言われています。)での男女の産み分けも不可能ではないのです。

 

日本では男女の産み分けが目的の着床前診断はできないことになっていますが、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断であれば産み分けも可能となります。このプログラムでは、受精卵または受精卵から採取した細胞のDNAを増幅した上で米国に輸送する仕組みを採用しているため、海外に渡航する必要もありません。

 

家庭で実践できる方法では産み分けが不可能だと諦めていた方は、CGLの着床前診断を検討してみても良いのではないでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事