サイド_ボタン

病院で行うことが可能な産み分けの手法“パーコール法”“タイミング法”“潤滑ゼリー”“着床前診断”について解説

自宅で手軽にできる製品や、病院で行うことができる手法など、産み分けにはさまざまな方法があります。今回はその中から、“パーコール法”“タイミング法”“潤滑ゼリー”“着床前診断”という4つの手法について、どんな方法かを解説していきます。

病院で行われている男女産み分けの一般的な手法“パーコール法”とは?

まずは、産み分けの手法として古くから取り入れられている“パーコール法”について解説します。パーコール法とは、人工授精や体外受精などを行う際に、精液に含まれる不要な物質や異常がある精子などを取り除く方法です。

 

パーコール液と呼ばれる「分離試薬」に、精子を重層(幾重にも重ねること)して、遠心分離器にかけて分離させます。これは、X染色体を持つ精子の方がY染色体を持つ精子よりも重いといった特性を利用したものです。

 

遠心分離することで、底に沈んだ精子の割合は、より重さのあるX染色体を持つ精子の方が多くなります。X染色体を持つ精子と卵子を受精させることで、女の子が産まれる確率を高めるという手法です。

 

不妊治療中のご夫婦が、人工授精や体外受精の際に行うことができるというメリットがありますが、一方で確実な産み分けはできないというデメリットもあります。

 

一般的に、パーコール法によって産み分けできる確率は60~70%程度と言われています。また、パーコール法を行ったからといって、必ずしも妊娠できるとは限りません。

 

病院に行かずに自分でできる産み分け方法“タイミング法”や“潤滑ゼリー”とは?

“タイミング法”や“潤滑ゼリー”など、病院に行かなくてもできる産み分け方法もあります。それぞれ、詳しく解説していきます。

 

タイミング法

タイミング法とは、排卵日を予測し、精子の性質を考慮して最適と思われる日にセックスをすることで、自然妊娠による産み分けを目指す方法です。

 

一般的に、女性が生まれるX染色体を持つ精子は、膣内に射精後2~3日は生存し続けるとされています。X染色体を持つ精子は酸性に強くアルカリ性に弱いといった性質を持っています。そのため、膣内が酸性に傾く排卵日の2~3日前にセックスをすると、女性が産まれる確率が高くなるというメカニズムです。

 

一方、男性が産まれるY染色体を持つ精子が生存できるのは、24時間程度とされています。こちらは酸性に弱い性質のため、膣内がアルカリ性に傾く排卵日当日にセックスをすることが推奨されています。

 

タイミング法による産み分けの確率は、50~60%程度と言われています。

 

潤滑ゼリー

より手軽に行えるのが、潤滑ゼリーを用いた産み分け方法です。ゼリーを膣内に注入することで、膣内を酸性またはアルカリ性に近づけることができます。

 

前述のように、X染色体を持つ精子は酸性に強くアルカリ性に弱いため、膣の中が酸性に傾いていた方が、女性が産まれる確率が高くなります。その場合は、一般的にピンクゼリーなどと呼ばれる潤滑ゼリーを使います。

 

一方、Y染色体を持つ精子は酸性に弱いため、膣内をアルカリ性に近づける必要があります。この場合はグリーンゼリーなどと呼ばれる潤滑ゼリーを注入します。

 

ゼリーは通販で購入することもできますが、外国産などは成分が非公開だったり、日本では認められていない成分が含まれていたりすることがあります。不安な方は、病院で出してもらうと良いでしょう。

 

潤滑ゼリーで産み分けできる確率は、タイミング法と同じく50~60%程度と言われています。

 

Cell and Genetic Laboratory(CGL)が行っている男女産み分けの方法とは?

病院でできる産み分け方法、病院に行かなくても自分でできる産み分け方法を紹介してきました。

 

いずれも試している人が多く、ある程度結果も情報もある産み分け方法ですが、ご覧いただいたように50%~60%程度と、確実に産み分けることは不可能であることが分かります。

 

一方で、Cell and Genetic Laboratory(CGL)が行っている“着床前診断”では、数ある産み分け法の中で最も高い確率( 統計上98%以上と言われています。 ) で男女の産み分けができるというのをご存知でしょうか?

 

CGLの着床前診断では、体外受精した受精卵が「胚盤胞」と呼ばれる状態に成長した段階で、数個の細胞を採取し、22組の常染色体と1組の性染色体をすべて調べます。

 

その上で、「XX(女性が産まれる受精卵)」「XY(男性が産まれる受精卵)」いずれか希望の染色体を持つ受精卵のみを子宮に戻すことで、高い確率で産み分けることができます。

 

もちろん、産み分けが可能なだけではありません。着床前診断で染色体異常がないかどうか調べることで、着床しやすく流産しにくい受精卵を選んで子宮に戻すことも可能になります。さまざまな産み分け方法がある中で、これだけ高い確率を誇るのは、着床前診断のみです。

 

より確率が高い産み分け方法をお探しの方、妊娠や出産に関してご不安を抱えている方、CGLの着床前診断について詳しく知りたい方は、ぜひ一度CGLに問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

KEYWORD

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事