サイド_ボタン

着床前診断で男女の産み分けを行うことは可能?精度の高いCGLの着床前診断プログラムについてもご紹介

着床前診断を受けて男女の産み分けを行うことはできるのでしょうか?産み分けが目的の着床前診断ができるかどうかは国や地域によって違いがあります。今回は日本にいながらにして、着床前診断で産み分けできるプログラムについてもご紹介していきます。

着床前診断とは?

着床前診断とは、受精卵の段階で染色体異常や遺伝子の異常を調べる検査を指します。体外受精において、異常が認められなかった受精卵だけを子宮に戻して妊娠に至り、着床率を上げ、流産を減らすことを目的としています。

 

染色体異常といえば、赤ちゃんの病気につながるというイメージをお持ちの方も多いです。しかし、受精卵に染色体異常がある場合、そのほとんどが着床しないか、化学妊娠(生化学妊娠)で終わってしまうといわれているのです。

 

通常の体外受精では受精卵に染色体異常があるかどうかまでは調べないため、何らかの異常があった場合には、流産のリスクが高まるということになります。

 

特に、女性の年齢が上がると染色体異常のある受精卵の割合が増え、流産のリスクが上昇することがわかっています。そのため、高齢出産を予定している方が着床前診断を受けたいと考えることも少なくありません。

 

着床前診断でわかる染色体異常とは

着床前診断でわかる染色体異常には、13トリソミー(パトー症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、21トリソミー(ダウン症候群)などが挙げられます。この3種類の病気は、赤ちゃんに生じる染色体異常の中でも特に発生率が高いといわれています。

 

ダウン症候群は染色体異常としてよく知られていますが、約半数が心疾患を、約1割が消化管の病気を合併するとされています。座る、立つ、歩くなどの運動発達はゆっくりと進んでいきますが、知的発達に関しては個人差もあります。リハビリテーションや療育を受けて、地元の学校にある支援級、特別支援学校などで学び、就労する方もいます。

 

パトー症候群やエドワーズ症候群では、胎児の段階で流産に至ってしまうことも多いです。パトー症候群では赤ちゃんが生後1歳になるまでに約9割が亡くなってしまうとされています。

 

エドワーズ症候群では、心疾患や感染症などの合併症があることも多く、1歳まで生きることができない子供が約9割とされていますが、中には10歳を過ぎても元気でいられる方もいます。

 

いずれの病気も高齢出産の場合にリスクが高まるので、不安な気持ちがある場合は、着床前診断を検討してみても良いかもしれません。

 

日本国内では着床前診断を目的とした産み分けはできない

日本国内では、臨床研究として着床前診断が行われている状況です。しかし、対象年齢(35~42歳)が決まっていたり、体外受精で3回以上成功していない女性に限られていたり、何かと制限を伴います。現時点では、着床前診断を希望するすべての方が検査を受けることができないのです。

 

着床前診断では性別を決める染色体についても調べるため、技術的には検査した受精卵でどちらの性別の子供が生まれるか知ることも可能です。しかし、日本では男女の性別を産み分けたいという理由で着床前診断を行うことはできません。

 

ただし、海外では産み分けを目的に着床前診断が行われている国や地域もあります。欧米などでは、家庭内で性別が偏ることを回避する「ファミリーバランシング」を目的として、着床前診断で産み分けするケースもあるのです。

 

海外では着床前診断による男女の産み分けが容認されている場合があるため、その国や地域に渡航して検査を受ける日本人のご夫婦もいます。ただ、海外で産み分けのために着床前診断を受けるには手間も費用もかかるため、敷居が高いものとなっています。

 

日本にいながら産み分けが可能なCGLの着床前診断プログラムをご紹介

男女の産み分けに興味があっても、海外に渡航して着床前診断を受けることは難しいという方もいるでしょう。しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムなら、日本にいながらにして検査を受けて高確率の産み分けをすることが可能となります。

 

CGLの着床前診断では、日本で体外受精を行い、受精卵または受精卵から取り出して増幅したDNAを米国のCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社に輸送します。この輸送体制によって、海外に渡航する必要なく検査を受けられるようになっています。

 

CGLの着床前診断では、受精卵の性染色体を調べるので、高確率(統計上98%以上と言われています。)で男女の産み分けを実現することができます。染色体異常がなく、さらに希望する性別の子供が生まれる受精卵を選んで妊娠に至ることが可能となるのです。

 

赤ちゃんの性別を産み分けたいという思いがあるご夫婦は、CGLの着床前診断について調べて、検査を受けるかどうかを検討してみても良いかもしれません。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事