サイド_ボタン

着床前診断で胎児の性別を選べる?高確率で産み分けできるCGLとは

妊娠を予定している方は、「女の子がほしい」「男の子がほしい」といった性別に関する希望をお持ちのことも少なくありません。着床前診断を受けると、赤ちゃんの性別を選べることができるという話を聞いたことのある方もいるでしょう。今回は、着床前診断で性別を選ぶということが本当に可能なのかどうかを解説していきます。

着床前診断とは

着床前診断は、受精卵に含まれる染色体や遺伝子の異常を調べ、正常な卵だけ子宮に戻すことを目的とした検査のことです。妊娠してから行う出生前診断とは違い、妊娠前に受精卵を調べる点が特徴といえます。

 

染色体異常といえば赤ちゃんの病気を連想するかもしれませんが、異常のある受精卵では着床や出産に至ることができないケースも少なくありません。着床前診断では、妊娠前に胎児の染色体を調べるため、染色体異常による着床率の低下や、流産のリスクを下げることが可能となります。

 

着床前診断で調べる染色体は、常染色体と性染色体であり、ダウン症候群、エドワーズ症候群、パトー症候群などの染色体異常を発見することができます。

 

着床前診断では一般的に胎児の性別は選べない

着床前診断では性別の決定にかかわる性染色体の異常も調べることから、技術的には性別について把握することも可能です。

 

しかし、日本では現在、着床前診断を臨床研究として行っている段階であり、基本的に胎児の性別を調べることはしません。一般的な日本の着床前診断では希望の性別の赤ちゃんを産み分けできないということになります。

 

着床前診断の実施や性別の産み分けについては国によって規制が異なり、中には産み分けができる国もあります。そのため、日本人であっても米国などに海外渡航をして検査を受け、希望の性別の胎児を授かるご夫婦もいます。

 

高い確率で性別の産み分けができるCGL着床前診断プログラムとは

一般的な日本の着床前診断では希望の性別で産み分けることができません。しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムであれば、産み分けを目的とした検査を受けることも可能です。

 

赤ちゃんの性別は性染色体の組み合わせによって決まるため、女児希望なら「XX」、男児希望なら「XY」の染色体を持つ受精卵を選んで子宮に戻します。CGLの着床前診断では、検査時に胎児の性染色体および性別を調べるので、高確率(統計上98%以上と言われています。)で産み分けできるのです。

 

CGLの着床前診断では、世界的な技術を有する米国のCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社に、受精卵または受精卵から抽出して増幅させたDNAを輸送します。

 

海外の検査機関に送られることになりますが違法性はなく、安心して検査を受けることができます。この機関では年間数万件の検査を行っており、豊富な実績がある点も安心につながります。

 

CGL着床前診断はどんな人に向いているのか

染色体異常のある受精卵の割合は、女性の年齢が上がるほど高まることがわかっています。受精卵に染色体異常が発生する確率は、34歳以下では59%、35〜39歳では63%、40〜47歳では74%とされています。赤ちゃんに染色体異常を原因とする病気が発生する確率も、母体の年齢が上がるほど高くなります。

 

染色体異常のある受精卵では妊娠に至らない場合も多く、妊娠が成立しても流産することが少なくありません。そのため、年齢が上がるとなかなか着床できない方や、くり返し流産してしまう方も増えてきます。

 

CGLの着床前診断では、そうしたリスクを下げることができるため、高齢出産の方は検査を検討してみたいところです。

 

ご夫婦のどちらかが遺伝性疾患の保因者である場合には、病気が遺伝しているかどうか受精卵の段階で調べることができます。病気が遺伝するか不安がある方には向いているといえるでしょう。

 

CGLの着床前診断であれば高確率で男女の性別を産み分けることができるため、子供の性別について強いご希望がある方が受けるケースもあります。

 

妊娠にあたり不安がある方や、赤ちゃんに望む性別がある方は、CGLの着床前診断について情報収集してみてはいかがでしょうか?

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事