サイド_ボタン

着床前診断を受けられる医療機関は少ない?日本にいながら着床前診断や産み分けができるCGLの診断プログラムとは

高齢出産が増えてきている今、着床前診断を受けたいと考えるご夫婦は多いです。しかし、着床前診断を受けることができる医療機関が少ないというお悩みもあるでしょう。今回は日本で受けることができる着床前診断について、提供する医療機関情報も含めてお伝えしていきます。

高齢での妊娠・出産において軽視できないリスクとは?

女性の社会進出、晩婚化といった背景から、出産時の年齢は上がってきました。20代のうちは仕事に打ち込んで過ごし、30代になってから結婚や出産を経験する方も増加していますが、35歳を過ぎてからの出産は“高齢出産”と定義されます。また、1人目を若くして出産した後、2人目以降の子供を産むときに高齢出産に該当するというケースも少なくありません。

 

高齢出産ではさまざまなリスクを伴いますが、まずはダウン症候群などの染色体異常が生じる可能性が高まるということがよく知られています。染色体異常は、特に母体の年齢との関連が示されており、出産時の年齢が30歳、40歳と上がるにつれて発生率は高まっていきます。

 

さらに、高齢出産では流産や難産を引き起こす可能性も高まります。初期流産のほとんどは染色体の異常が原因で起こるとされ、20代の出産と比べるとそのリスクが高くなることがわかっています。

 

今や30代後半での出産も珍しいことではなくなりましたが、このようなリスクがあることは事実です。流産や染色体異常が生じることは他人事でなく、軽視することはできません。

 

胎児の染色体異常や遺伝性の病気を事前に防ぐことは可能?医療機関で受けられる着床前診断とは

高齢出産では流産や染色体異常の不安が強まるものですが、医療機関で着床前診断を受けるという選択肢もあります。

 

着床前診断とは、受精卵の段階で染色体や遺伝子の異常を調べることができる検査のことです。妊娠前に検査を行い、異常のない受精卵を子宮に戻して、妊娠を成立させることができるという特徴があります。

 

着床前診断には2種類あり、着床前単一遺伝子診断(PGT-M)、着床前染色体異数性診断(PGT−A)に分類されます。ご夫婦のどちらかに遺伝する病気がある場合にはPGT-Mを、流産を減らす目的で染色体異常を調べる場合にはPGT-Aを用います。

 

産まれてくる子供の異常を調べることができる検査には出生前診断もありますが、こちらは妊娠が成立したあとで実施するものです。従来から医療機関で実施されている羊水検査などの出生前診断は母体への負担が大きく、流産のリスクが高まるという不安を伴うことが難点でした。

 

ただ、最近では新型出生前診断(NIPT)という検査も一般診療化され、医療機関で母体の血液を採取するだけで高精度の検査を行えるようになってきています。

 

羊水検査、新型出生前診断(NIPT)ともに、赤ちゃんの異常がわかると心の準備ができるというメリットはあるでしょう。しかし、これらの検査は着床前診断とは異なり、妊娠してからの検査となるため、異常がわかったときに妊娠を継続するか否か悩んでしまう方も少なくありません。

 

日本で着床前診断が受けられる医療機関は少ない?

着床前診断はたくさんの国で実施されていますが、日本の医療機関では検査を受けることができる条件に制限があったり、そもそも検査を提供している検査機関が少なかったりと、選択肢に入りにくいになっています。

 

日本で現在行われている臨床研究でも対象年齢が35歳以上とされており、男女の産み分けは不可で、検査できる項目にも制限があります。しかし、CGLという会社の着床前診断では、こうした制限が少ないことが特徴です。

 

CGLの実施する検査では、国内の医療機関で体外受精(もしくは顕微受精)を行い、受精卵または受精卵から採取した細胞をDNA増幅した上で米国の研究所で調べるため、日本にいながらにして着床前診断が完結します。

 

CGLの着床前診断は、受精卵から遺伝子や染色体の病気を調べることができるだけでなく、希望の性別の染色体を持つ受精卵を子宮に戻すことで、数ある産み分け法の中で最も高い確率( 統計上98%以上と言われています。 ) で男女の産み分けを実現できます。

 

日本では産み分けできる医療機関はないため、「女の子がほしい」「男の子がほしい」という思いがあるご夫婦が活用することも可能です。

 

妊娠・出産の不安を取り除くために、信頼できる医療機関で着床前診断を受けることを検討

妊娠や出産を希望されているご夫婦の中には、遺伝性の病気が不安な方や、赤ちゃんの染色体異常が心配な方もいるでしょう。また、高齢出産に伴うリスクや不安を払拭したいとお考えの方も増えてきています。

 

医療機関で受けることのできる検査には、いくつか種類がありますが、着床前診断では“受精卵の段階”で異常がわかることがメリットです。流産や染色体異常の可能性を減らしたい、男女の産み分けを行いたいというご希望がある方は、制限の少ない診断を提供しているCGLに相談してみると良いかもしれません。

KEYWORD

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事