サイド_ボタン

高齢出産では発達障害のリスクが増加する?着床前診断でわかることを解説

高齢出産では、発達障害の子供が生まれる確率が増加するのでしょうか。年を取ると、ダウン症候群などの障害が増えることは知られていても、発達障害に関してはわからないという方もいるでしょう。今回は、両親の年齢が高くなることによって、発達障害のリスクがどれくらい増加するのか解説していきます。

高齢出産とは

日本産科婦人科学会によると、高齢出産は「35歳以上の初産」と定義されています。つまり、女性が35歳を過ぎてから、初めて出産する場合を高齢出産と呼んでいます。

 

2人目以降の出産時に妊婦さんの年齢が35歳以上となっていても、必ずしも高齢出産には当てはまりません。しかし、国際産科婦人科連合では、40歳以上で2人目を出産する場合も高齢出産に含めているため、用いる定義によって違いはあります。

 

初産婦と経産婦で高齢出産とみなされる年齢に違いがあるのは、初産の方が出産にかかわる母体リスクが大きいためといわれています。

 

初産婦、経産婦ともに、35歳をすぎると受精卵に染色体異常が発生する確率が増加します。染色体異常といえば赤ちゃんの障害というイメージをお持ちの方もいますが、そもそも着床しにくく、流産しやすいという特徴があります。

 

ダウン症候群の発生には、母親の年齢が影響することがわかっており、高齢出産になるとリスクが上昇します。20歳の妊婦さんの場合は、約1,500人に1人の確率でダウン症候群の赤ちゃんが生まれます。そして、35歳になると約400人に1人、40歳になると約100人に1人というように、発生率が増加していきます。

 

発達障害とは

発達障害は、大きく自閉症スペクトラム症、学習障害、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の3つに分類されます。一言で発達障害といっても、障害の種類によって特徴には違いがあり、さらに個人差もあります。

 

自閉症スペクトラム症は、「ASD」と呼ばれる発達障害です。社会性と対人関係、コミュニケーションや言葉の発達に遅れがあるとされています。そして、行動や興味に偏りがあり、こだわりが強いという特徴もあります。

 

学習障害は「LD」と略される発達障害であり、全般的な知能の発達には遅れが認められないものの、学習にかかわる能力において困難がある場合がみられます。「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」という学習能力に障害があり、読むことが苦手な子供もいれば、算数が苦手な子供もいます。

 

注意欠陥・多動性障害は「ADHD」と呼ばれる発達障害です。集中力がない、じっとしていることができない、思いついたら行動してしまうなどの症状が見受けられます。

 

発達障害のある子供は、障害の程度に応じて、通常学級に通うこともあれば、特別支援学級や特別支援学校に通うこともあります。比較的軽い障害のある子供が利用する、通常学級に在籍しながら、教科の指導を別室で受けることのできる「通級指導」も用意されています。

 

近年、発達障害のある子供は増加傾向にあるといわれています。実際に通級指導を利用する子供の数も増加していますが、学校などで発達障害に対する理解と把握が進んだ結果とする見方もあります。

 

高齢出産は発達障害のリスクを増加させるのか

高齢出産では、ダウン症候群だけでなく、自閉症のリスクも上昇するといわれています。ダウン症候群の場合は女性の年齢と関連づけて説明されることが多いですが、両親の年齢から自閉症の発生率を調べた研究もあります。

 

ある研究では、女性の年齢が5歳上がると、子供の自閉症のリスクが18%上昇することがわかっています。特に、女性が40歳以上になると、25〜29歳と比べて、子供が自閉症になるリスクが倍増するといわれています。

 

また、父親の年齢が高くなると、自閉症スペクトラム症の発症リスクが上昇するということも各国で報告されています。

 

高齢出産では、ダウン症候群のように染色体異常が原因となる障害だけでなく、発達障害のリスクも増加する可能性があるのです。

 

高齢出産での発達障害や染色体異常が不安な場合は着床前診断を

両親の年齢が上がるにつれて、発達障害の発生リスクが高まることを示唆する報告もあります。高齢出産では、染色体異常のリスクも無視できないため、不安がある方は可能な限り早めに子供を出産することを計画すると良いでしょう。

 

しかし、実際には晩婚化、女性の社会進出など、さまざまな事情から高齢出産を予定している方も少なくありません。現時点で、妊娠や出産の前に発達障害の有無を知ることは難しいですが、染色体異常の有無に関しては調べる方法があります。

 

着床前診断という検査では、受精卵の段階で遺伝子と染色体の異常を調べ、異常の認められなかった受精卵で妊娠に至ることができます。染色体異常のない受精卵を選ぶことによって、ダウン症候群の可能性を減らすだけでなく、着床率を上げ、流産しにくくするという利点もあります。

 

高齢出産では、不妊、流産、ダウン症候群、発達障害など、さまざまなリスクを伴います。発達障害の発生を防ぐ絶対的な方法は確立されていませんが、高齢出産に伴う不安をひとつでも減らしたい場合は、着床前診断を検討してみても良いかもしれません。

 

ただし、日本で着床前診断を受ける条件として、過去に流産を繰り返し経験しているか、赤ちゃんに重い遺伝病が遺伝する可能性がある場合に制限されています。

 

株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断プログラムであれば、希望者が受けられる仕組みになっています。また、高確率(統計上98%以上とされています)で男女の産み分けも可能となるため、ご興味があれば詳しく調べてみてはどうでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事