サイド_ボタン

高齢出産でダウン症の確率が上がるのはなぜ?染色体異常を診断する方法とは

高齢出産では、赤ちゃんがダウン症になる確率が上がるという話を耳にしたことのある方もいるでしょう。今回は、なぜ高齢出産になるとダウン症の子供が生まれやすくなるのかを詳しく解説します。染色体異常を診断する方法についてもお伝えするため、高齢出産を予定している方は参考にしてください。

なぜ高齢出産ではダウン症の子供が生まれやすいのか

女性の年齢が高くなるにつれて、卵子の老化が進んでいきます。卵子が老化すると、減数分裂の際に細胞が均等に分かれなくなり、染色体の本数に偏りが生じることがあります。その結果、受精卵に染色体異常が生じ、受精卵が育たなくなったり、着床しなくなったりするといわれています。

 

染色体異常のある受精卵では、着床したとしても流産することが多くなります。そして、出産できたとしても、赤ちゃんにダウン症などの障害があるリスクが高まります。

 

ダウン症の場合は、通常は2本で1組となっている21番目の染色体が3本に増える、トリソミーという異常が原因となることがほとんどです。そのことから、ダウン症は「21トリソミー」とも呼ばれています。このような数的異常が、高齢出産になれば発生しやすくなります。

 

高齢出産でダウン症の子供が生まれる確率とは

高齢出産では、ダウン症の子供が生まれる確率が高まります。年齢に伴って、具体的にどのように確率が変化していくのでしょうか。

 

20歳の妊婦さんでは、約1,500人に1人の割合でダウン症の子供が生まれます。そして、35歳の妊婦さんでは約400人1人となり、ダウン症の発生率が高くなります。40歳になると約100人に1人となり、女性の年齢が高くなるほど、その割合は増加していきます。

 

実際には、若い年齢で出産する女性が多いため、35歳以上の高齢出産で生まれるダウン症の子供はそれほど多くありません。35歳以上の母親から生まれるダウン症乳児の割合は全体の2割ほどといわれています。

 

ダウン症を診断するための検査とは

お腹の赤ちゃんにダウン症があるかどうか調べるための方法に、出生前診断があります。出生前診断は、確定診断とスクリーニング検査に分けられ、それぞれ検査精度が異なります。

 

羊水検査や絨毛検査などの確定診断は、検査精度が高く、それだけでダウン症の診断をすることができます。それに対して、NIPT(新型出生前診断)や母体血清マーカーテストなどのスクリーニング検査では、ダウン症の疑いについてわかりますが、診断のためには確定診断を受けることになります。

 

ただし、確定診断では母体に針を刺すなどして羊水や絨毛を採取するため、どうしても負担がかかってしまいます。稀に流産を引き起こすこともあるため、そのリスクを念頭に置いて検査を受けるかどうか考えると良いでしょう。

 

このような理由から、採血などの簡便な手法で実施できるスクリーニング検査を先に受けてから、陽性の結果が出たときだけ確定診断を受けるという選択肢もあります。

 

高齢出産でダウン症が心配なら着床前診断を検討

高齢出産の場合、染色体異常の発生率が上がるため、若い世代と比べると出生前診断で「陽性」の結果が告げられる可能性も高くなります。お腹の赤ちゃんにダウン症があるとわかれば、妊娠を継続するかどうか悩んでしまうご夫婦もいます。

 

一方、着床前診断であれば、妊娠前にダウン症などの異常について調べることが可能となります。着床前診断は、受精卵の染色体、遺伝子について異常を調べ、異常がない受精卵を子宮に戻す技術です。

 

受精卵に染色体異常があれば、着床しにくく、流産の可能性も高まりますが、そのようなリスクが気になる場合にも着床前診断を選択できます。

 

日本で着床前診断を受けるには、過去に流産を繰り返しているなどの条件を満たす必要があり、学会に申請する手続きも求められます。そのため、検査対象とならなければ海外に渡航するご夫婦もいますが、日本にいながらにして受けられる着床前診断もあるのです。

 

株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断では、米国に受精卵を輸送して検査を行うため、学会の承認を得る必要もありません。検査を行うのは、米国で豊富な実績のある検査機関であり、安心して任せることができます。

 

CGLの着床前診断では、着床率を上げ、流産やダウン症のリスクを減らすだけでなく、高確率で男女産み分けも可能となります(統計上98%以上とされています)。

 

高齢出産に伴う不安を減らしたい方は、CGLの着床前診断について詳しく調べてみてはどうでしょう。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事