サイド_ボタン

高齢出産で後悔しないために!赤ちゃんを出産する前に受けられる検査とは

高齢出産で赤ちゃんを産んで、後悔してしまうことはあるのでしょうか。高齢出産にはさまざまなリスクがあるため、後悔しないための準備や心構えが大切になります。今回は、高齢出産で子供を授かりたいとお考えのご夫婦が受けられる検査の情報を中心にお伝えします。

高齢出産とは

日本産科婦人科学会では、35歳以上の初産が高齢出産と定義されています。35歳以上での出産であっても、初めての出産ではなく、2人目以降の出産であれば高齢出産には含まれません。

 

国際産科婦人科連合では、35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦を高齢出産に含めています。そのため、用いる定義によっては経産婦でも高齢出産に含まれますが、基本的には35歳以上の初産が該当すると考えておきましょう。

 

35歳以上になると、卵巣の機能、卵子の質、妊娠する力が低下するといわれています。また、妊娠高血圧症候群などの病気や、胎盤が子宮口を塞ぐ「前置胎盤」、胎盤が子宮からはがれる「常位胎盤早期剝離」のリスクが高まることも高齢出産の特徴です。

 

高齢出産で子供に障害があると後悔する人もいる

高齢出産といえばリスクが強調されてしまいがちですが、利点もあるといわれています。若い世代と比較して、経済的にも余裕がある場合が多いので、気持ちにゆとりを持ったり、子供に教育費をかけたりできるでしょう。

 

しかし、高齢出産を控えている方は、体力や子育てへの不安を持ってしまうものです。高齢出産では、赤ちゃんにダウン症候群などの障害が生じる確率が増加することもわかっているため、それが不安に感じられる場合もあります。

 

実際に、高齢出産で授かった子供に障害があるとわかって、後悔する人もいます。子供に愛情を感じていたとしても、障害のある子供を育てる自信や余裕がない方では、後悔の念を抱いてしまうこともあるのです。

 

高齢出産では、受精卵の染色体異常が増加しますが、その割合は34歳以下で59%のところ、35〜39歳では63%になります。そして、40〜47歳になると74%の割合になり、多くの受精卵に何らかの染色体異常が発生することになります。

 

染色体異常があると、ダウン症候群などの障害が発生する可能性があるだけでなく、流産の確率が高まるという側面もあります。流産をすると心身に負担がかかるため、その場合に後悔してしまうご夫婦もいます。

 

高齢出産で後悔しないためにできること

高齢出産で後悔しないためには、できるだけ若いうちに出産する計画を立てることが大切です。年齢が上がるほど、染色体異常の発生率は高まり、子供の障害や流産のリスクが上昇します。

 

もちろん若い世代であっても染色体異常の可能性はありますが、後悔するのを避けるためには、なるべく早いタイミングで妊娠や出産を考えておくと良いでしょう。

 

障害のある子供を育てる自信や余裕がないときは、羊水検査などの出産前診断を受ける方法もあります。出生前診断では、結果が陽性だったときに、妊娠を継続するかどうか悩んでしまうご夫婦もいます。

 

後悔しないためにも、出生前診断を受けるべきか、陽性だった場合にどのように受け止めるのか、パートナーとよく話し合うことが不可欠です。

 

高齢出産で後悔したくないときは着床前診断を視野に

赤ちゃんの障害を調べる方法といえば出生前診断が広く知られていますが、着床前診断であれば、妊娠前の段階で受精卵の異常を調べることが可能です。着床前診断では、体外受精で得た受精卵の遺伝子や染色体について異常を調べます。

 

異常のない受精卵を選んで子宮に戻し、妊娠に至るため、染色体異常に由来するダウン症候群や流産のリスクを下げることができます。出生前診断のように、陽性の結果を受けて悩んだり、後悔したりすることもありません(※着床前診断を受けても、必ず羊水検査を回避できるとは限りません)。

 

日本で着床前診断を受けることができる対象者は制限されていますが、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)のプログラムであれば、基本的にどんな人でも検査対象になります。

 

CGLの着床前診断では、米国で年間数万件の検査実績を誇るCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社に受精卵を輸送し、受精卵が到着してから約2〜5週間で日本に結果が通知されます。

 

高齢出産で後悔したくない人は、CGLの着床前診断について調べ、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事