サイド_ボタン

高齢出産のリスクが心配なときの検査とは?種類や精度を解説

高齢出産には、何かとリスクが伴うため、不安に感じる方も少なくないでしょう。今回は、高齢出産を予定している方が検討したい検査には、どのような種類があるのかをお伝えします。各検査の種類や精度について触れながら解説するため、高齢出産を控えている方は参考にしてください。

高齢出産のリスクについて

高齢出産では、染色体異常のある受精卵の割合が増加するため、それに起因してダウン症候群や流産などのリスクが高まります。

 

受精卵に何らかの染色体異常が生じる確率は、年齢と共に高まっていきます。34歳以下でも59%と半数以上の受精卵に染色体異常がありますが、35〜39歳では63%、40〜47歳では74%に増加します。

 

高齢出産では着床しにくくなり、ダウン症候群などの障害や流産が増えるといわれていますが、染色体異常の増加が関係しているのです。ダウン症候群に関しては、20歳の妊婦さんでは約1,500人に1人の割合で発生しますが、35歳になると約400人に1人になります。

 

妊娠高血圧症候群や帝王切開などが増加することも、高齢出産のリスクに含まれます。高齢出産では、赤ちゃんの障害の発生率が増えること以外にも、さまざまなリスクを伴うことになります。

 

高齢出産のときに検討したい検査の種類をご紹介

高齢出産の不安を一つでも解消するために、検査を受ける方法もあります。赤ちゃんの異常を調べるための方法として、妊娠後に行う出生前診断と、妊娠前に行う着床前診断が挙げられます。

 

出生前診断は、妊娠中に行う検査であり、確定診断とスクリーニング検査に大別されます。

 

確定診断には羊水検査などが含まれますが、精度はほぼ100%とされており、それだけで診断を確定できることが特徴となります。

 

スクリーニング検査には、母体血清マーカーテストやNIPT(新型出生前診断)のように採血だけで実施できる検査もありますが、診断を確定することはできません。母体血清マーカーテストの精度は80%ほどであり、比較的新しい検査であるNIPTの方が精度は高いです。

 

高齢出産に伴う不安を解消するためには、できるだけ精度の高い検査を受けたいところですが、確定診断では稀に流産や破水などを引き起こすリスクがあります。

 

そのため、まずはスクリーニング検査を受けて、陽性だった場合には確定診断を受けるなど、検査の選び方を検討することもあります。

 

高齢出産ではどの検査を受けるべきか

高齢出産の場合は、受精卵の染色体異常が増加するため、なかなか妊娠できなかったり、流産してしまったりすることが増えます。出生前診断を受けただけでは、妊娠の可能性を上げ、流産のリスクを減らすことはできません。

 

高齢出産の方で、子供を授かる確率を上げ、流産を減らしたいときは、着床前診断を検討してみると良いでしょう。着床前診断は、受精卵のうちに遺伝子と染色体の異常を調べ、異常がなかった受精卵で妊娠に至る方法です。

 

着床前診断の場合、羊水検査などの出生前診断とは異なり、結果を受けて妊娠を継続すべきか悩む心配がありません(ただし、着床前診断を受けても、必ず羊水検査を回避できるとは限りません)。

 

着床前診断の場合は体外受精が必要になりますが、流産などで心身に負担がかかるリスクを下げる意味でも、選択肢に含めてみると良いでしょう。

 

日本で受けられるCGLの着床前診断とは

日本で一般的な着床前診断を受けられる妊婦さんは、過去に流産を繰り返しているか、重い遺伝病が遺伝する可能性がある場合などに制限されています。

 

しかし、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の着床前診断であれば、米国にあるCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社に受精卵を送り、海外で検査を行うことになるため、誰でも検査を受けることが可能です。

 

ご夫婦が海外に渡航する必要はなく、結果は日本に通知されますが、この体制に違法性はありませんので安心して受けることができます。

 

さらに、CGLの検査では高確率で産み分けができるので、高齢出産で子供の性別に希望があるご夫婦にとってもメリットがあります。

 

男女産み分けの確率は統計上98%以上とされており、これは、希望の性別の子供が生まれる受精卵を子宮に戻すことによって実現します。

 

高齢出産を予定していて、どの検査を受けるべきか種類で迷っているときは、CGLの着床前診断について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事