サイド_ボタン

高齢出産は何歳から?女性と男性の年齢が高いことによるリスクを解説

女性の年齢がある基準を超えたときの出産は、高齢出産と定義されます。高齢出産といえば、出産時の女性の年齢が高いことを指すイメージが強いですが、男性の年齢が高いときには、リスクはないのでしょうか。今回は、高齢出産の定義や注意点についてお伝えしていきます。

高齢出産の年齢とは

日本産科婦人科学会では、女性の年齢が35歳以上で、初産の場合が高齢出産であると定義しています。2人目以降の場合は、35歳以上での出産であったとしても、高齢出産にはなりません。

 

なお、国際産科婦人科連合の定義では、年齢が35歳以上の初産婦に加えて、40歳以降の経産婦も高齢出産に含まれています。定義によって違いはありますが、日本の場合、基本的には35歳以上の初産婦による出産が高齢出産であると認識しておきましょう。

 

高齢出産の注意点とは

女性の年齢が35歳以上になると、卵巣の機能、卵子の質が低下すると考えられています。年齢を重ねて卵子が老化することで、受精する力や妊娠する力が衰えていきます。

 

高齢出産では受精卵の染色体異常が増加するため、若い世代と比べてダウン症候群などの障害のある子供が生まれるリスクが上昇します。染色体異常があると、妊娠しにくかったり、流産しやすかったりするなど、子供の障害とは違う観点でもリスクを伴います。

 

女性の年齢が高くなると、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、前置胎盤などのリスクが上昇することもわかっています。前置胎盤の場合は帝王切開になるため、その可能性も念頭に置いておきましょう。

 

男性の年齢が高くなることによる高齢出産のリスク

高齢出産の定義では、女性の年齢だけに焦点が当てられていますが、男性の年齢が高まると子供の健康リスクに影響があることもわかっています。

 

日本やアメリカなどの各国の研究で、父親となる人の年齢が高い場合には、子供の自閉症スペクトラム障害のリスクが上昇するとされています。自閉症スペクトラム障害とは、発達障害の一つであり、こだわりが強く、対人関係が苦手であるなどの特徴があります。

 

また、父親の年齢は、低体重との関連も示唆されています。父親の年齢が上がるほど、子供の出生体重が低くなるというデータがあります。

 

妊娠や出産を予定するときには、女性の年齢が高まることによるリスクだけでなく、男性の年齢による影響も無視できません。

 

高齢出産で年齢が高くなったときは着床前診断を検討

ご夫婦の年齢が高くなってから妊娠や出産を予定している場合には、何かと不安が伴います。ダウン症候群、流産、発達障害、妊婦さんの病気、帝王切開など、さまざまなリスクが上昇するためです。

 

高齢出産に伴う不安を一つでも減らすために、着床前診断を受けるという選択肢もあります。着床前診断とは、受精卵のうちに染色体や遺伝子の異常を調べる検査であり、異常がない受精卵で着床させる技術のことです。

 

着床前診断を受けることによって、高齢出産に伴うあらゆる不安を解消できるわけではありません。しかし、染色体異常のない受精卵を選んで子宮に戻すことによって着床率を上げ、流産やダウン症候群のリスクを減らすことができます。

 

日本で着床前診断を受けるには、重い遺伝病が子供に遺伝するリスクがあるか、過去に流産を繰り返し経験しているか、いずれかの条件を満たす必要があります。さらに、学会に申請して承認されるステップも必要になるため、希望者が検査を受けられる状況にはなっていません。

 

着床前診断を受けるために海外に足を運ぶご夫婦もいるほどですが、株式会社Cell and Genetic Laboratory(CGL)の検査であれば、年齢や状況にかかわらず、希望者が検査対象になります。CGLの着床前診断では、日本の医療機関で得た受精卵を、米国の検査機関に輸送するため、特別な制限がないのです。

 

米国で検査を行うのはCooperGenomics(クーパーゲノミクス)社であり、年間数万件の検査を行う機関です。海外で受精卵の検査を行うことになりますが、結果は日本に通知されます。この仕組みに違法性はないため、安心して検査を受けることができます。

 

また、CGLの検査では、高い確率で男女産み分けができ、希望の性別の赤ちゃんを授かることも可能です(※統計上98%以上といわれています)。

 

ご夫婦の年齢が上がってから妊娠や出産を検討している場合は、高齢出産の不安を減らすためにも、CGLの着床前診断を検討してみても良いかもしれません。

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、価格等については変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼

関連記事