ヘッダー画像 ヘッダー画像

CGLプログラム

サイド_ボタン

輸送方法と体制

輸送方法と体制CGL着床前診断プログラムでは、まずは国内の医療機関にて体外受精(または顕微授精)を行って頂きます。
その後胚盤胞まで培養が進んだ受精卵、または受精卵より細胞の一部を取り出し、取り出した細胞のDNAを増幅したうえで米国の検査機関に送り検査を実施しています。
これまで、受精卵そのものを輸送する方法しかありませんでしたが、現在はDNAのみを輸送し、大切な受精卵は国内の医療機関で保管することもできるようになりました。

凍結した受精卵を輸送した場合は、米国にて細胞を取り出しDNA増幅を行った後に検査を実施します。
尚、国内の医療機関、または米国のどちらで細胞を取り出す場合も、胚盤胞の栄養外胚葉(胎盤になる部分)から採取していますが、胚盤胞の段階で細胞の一部を採取しても着床率やその後の発育に影響がないことが米国の研究でわかっています。

輸送方法と体制

最新の検査技法

弊社の着床前診断は、最新の技術であるNGS法とよばれる着床前診断を実施しています。

CGL着床前診断プログラムの特徴

最も精度の高い男女産み分け

海外への渡航不要

最新の検査技法

全額返金保障

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼
トップへ戻る