ヘッダー画像 ヘッダー画像

着床前診断による男女産み分けとは

サイド_ボタン

着床前診断とは

着床前診断とは、受精卵の遺伝子や染色体を調べる技術です。
着床前診断を受けると、体外受精で妊娠しやすくなり、さらに、男女の性別を事前に調べることも可能です。

着床前診断での男女産み分け

着床前診断では、すべての染色体の異数性を調べます。その中の性染色体がXYかXXかで男女が決まります。
産み分けを実施したい性染色体をもつ受精卵により妊娠することで、産み分けが実現できます。
国内では、ピンク&グリーンゼリなどの産み分け法がありますが、中でも着床前診断による産み分けは非常に精度の高い産み分け方法です。

お問い合わせはコチラから ▼
お問い合わせはコチラから ▼
トップへ戻る